合成モニタリング市場、2027年までに22億9,270万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の合成モニタリング市場は、2021年に9億6,070万米ドルの規模に到達しました。2022年から2027年にかけて、市場は14.50%のCAGRで成長し、2027年までに22億9,270万米ドル規模に達すると予測されています。

合成モニタリングは、一連のリクエストをスクリプトで記録し、それをエミュレートすることで、Webサイトやアプリケーションとユーザーのやりとりをシミュレートして、アプリケーションのパフォーマンスを評価するのに役立ちます。一定のテストを実行することで、ビジネストランザクション、アプリケーションの可用性、ウェブサイトの速度に関する詳細な洞察を得ることができます。アプリケーションのアップタイムを自動的に把握し、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)やアプリケーションをあらゆる頻度と場所でモニタリングすることができます。その結果、世界中の組織が合成モニタリングを中核的なビジネスプロセスに導入し、予測的な行動を用いて顧客体験を理解し、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させることに役立てています。

市場の動向

脆弱なコーディング、互換性のないブラウザ、読み込みの遅延などの技術的な問題は、通常、オンラインウェブサイトの閲覧中に顧客が直面するものです。これらの問題はブランドの評判を落とし、売上に影響を与える可能性があるため、オンラインショッピングアプリケーションの利用が大衆の間で増加していることは、市場成長を促す重要な要因の一つとなっています。合成モニタリングは、実際のユーザーとのやりとりをシミュレートし、ウェブサイトの不具合について24時間365日アラートを提供し、ユニフォーム・リソース・ロケーター(URL)のリダイレクトやステータスコードなどの特定の要素を検出することで企業を支援します。これとは別に、従来の情報技術(IT)モニタリングツールでは、企業の現在の複雑なインフラ要件をサポートできないため、合成モニタリングソリューションのニーズが世界中で高まっています。また、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生による経済的・経営的な課題から、クラウドを利用したビジネスプロセスの急速なデジタル化が進んでいることも成長要因の一つです。さらに、オンラインバンキングアプリへの依存度が高まっていることから、銀行、金融サービス、保険(BFSI)セクターでは、ネットバンキングの停止などの課題に対処するため、合成モニタリングソリューションの利用が進んでいます。

主要な市場区分

世界の合成モニタリング市場は、タイプ、サービス、導入形態、アプリケーション、業種に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・APIモニタリング

・SaaSアプリケーションモニタリング

・モバイルアプリケーションモニタリング

・Webアプリケーションモニタリング

サービス別の市場区分

・マネージドサービス

・コンサルティングサービス

・インプリメンテーションサービス

・トレーニング&サポートサービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

アプリケーション別の市場区分

・競合ベンチマーキング

・サービス・レベル・アグリーメント(SLA)モニタリング

・アプリケーションテスト

・コンテンツデリバリーネットワークテスト

・その他

業種別の市場区分

・BFSI

・IT・通信

・小売

・メディア・エンターテイメント

・旅行・ホスピタリティ

・その他

市場の競合状況

世界の合成モニタリング市場における主要な企業としては、BMC Software Inc.、Broadcom Inc.、Catchpoint Systems Inc.、Cisco Systems Inc.、Dell Technologies Inc.、Hewlett Packard Enterprise Development LP、International Business Machines Corporation、Micro Focus International plc、Microsoft Corporation、New Relic Inc.、Riverbed Technology Inc.、Splunk Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]