放射線情報システム市場、2027年までに14億3,340万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の放射線情報システム市場は、2021年に8億8,840万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.60%のCAGRで成長し、2027年までに14億3,340万米ドル規模に達すると予測されています。

放射線情報システム(RIS)は、診断や治療中に生成される医療画像や関連データの管理において、医療専門家を支援する高度なデータベースシステムです。また、患者の予約や請求のプロセスを容易にし、ワークフロー管理、部門の生産性、顧客サービス、全体的なコスト効率の改善を支援します。さらに、DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)、PACS(Picture Archiving and Communication System)、HL7(Health Level 7)などに基づいて、正確で一貫性があり、理解しやすいレポートを作成し、正確な結果を得ることができます。

市場の動向

癌、関節炎、心血管、糖尿病などの慢性疾患の有病率の増加は、ファーストフードの過剰摂取や個人の座りがちな生活習慣に起因しており、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。また、口腔内プレートスキャナー、コーンビームCTイメージング、口腔内・口腔外X線装置でのRISの利用が増加しています。これは、磁気共鳴画像(MRI)、X線、透視、超音波、スキャナーなどのインターベンショナル・ラジオロジー技術に対する需要の高まりと相まって、市場の成長を推進しています。さらに、患者と医師間のリアルタイムコミュニケーション、健康関連情報への容易なアクセス、疾患の迅速な診断のためのヘルスケア産業における情報技術(IT)の統合は、市場にプラスの影響を与えています。加えて、経済的で信頼性の高い高度な診断サービスやソリューションに対する需要の高まりにより、RISの売上は世界的に増加しています。さらに、主要な市場参加者は、大量のデータを簡単に保存できる高度なクラウドベースサービスを導入しており、これが市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界の放射線情報システム市場は、タイプ、コンポーネント、導入形態、エンドユーザーに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・統合型放射線情報システム

・スタンドアロン型放射線情報システム

コンポーネント別の市場区分

・ハードウェア

・ソフトウエア

・サービス

導入形態別の市場区分

・ウェブベース

・クラウド型

・オンプレミス

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・オフィス勤務の医師

・救急医療サービス事業者

市場の競合状況

世界の放射線情報システム市場における主要な企業としては、Advanced Data Systems Corporation、Allscripts Healthcare Solutions Inc.、Cerner Corporation、Covetus LLC、Epic Systems Corporation、General Electric Company、International Business Machines Corporation、Kareo Inc.、Koninklijke Philips N.V., Medinformatix Inc., Novarad、Siemens AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]