データカタログ市場、2027年に23億940万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のデータカタログ市場は、2021年に6億1,120万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は23.70%のCAGRで成長し、2027年には23億940万米ドル規模に達すると予測されています。

データカタログとは、データベースやウェブページ、出力ファイルなど、多数のデータ資産を保管するために複数の企業が利用するインベントリーソリューションのことです。また、企業が大量のデータを検索・管理し、ユーザーに見えるようにするのにも役立ちます。データカタログは、データ利用者が参照用アプリケーションとして広く利用する、現代のデータ管理に不可欠なコンポーネントです。その結果、ユーザーがデータを理解し、意思決定プロセスに有益な洞察に満ちた情報を検索できるよう支援します。データサイロや重複を排除し、データディスカバリーを簡素化するために、ヘルスケア、製造、eコマース分野で広く活用されています。

市場の動向

データカタログの世界市場は、主に情報技術(IT)産業の著しい成長によって牽引されています。これに伴い、多くの分野で急速なデジタル化が進み、データ生成量が大幅に増加していることから、多くの組織がデータカタログソリューションの展開に多額の投資を行うようになり、それによって市場の成長に弾みがついています。また、企業セグメントにおける継続的な技術の進歩は、世界市場に明るい展望をもたらしています。例えば、データアナリスト向けにパーソナライズされたデータの作成を支援するデータカタログとクラウドベースのテクノロジーの統合が広まり、世界市場にプラスの影響を与えています。さらに、コロナウイルス(COVID-19)が突如発生し世界的に感染が拡大したことで、多くの企業が在宅勤務(WFH)制度を導入するようになり、市場の成長が加速しています。その他、製造業や電子商取引分野の継続的な改善や、大規模な研究開発(R&D)活動を行うための投資の増加などの要因も、市場成長をさらに促進すると予測されています。

主要な市場区分

世界のデータカタログ市場は、コンポーネント、導入形態、組織規模、データ利用者、最終使用産業に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

組織規模別の市場区分

・大企業

・中小企業

データ利用者別の市場区分

・ビジネスインテリジェンスツール

・企業向けアプリケーション

・モバイル・Webアプリケーション

最終使用産業別の市場区分

・BFSI

・小売・Eコマース

・製造業

・政府・防衛

・エネルギー・公益事業

・IT・通信

・教育

・ヘルスケア

・その他

市場の競合状況

世界のデータカタログ市場における主要な企業としては、Alation Inc.、Alteryx Inc.、Amazon Web Services Inc.(Amazon.com Inc.)、Collibra Inc.、日立製作所、Informatica、International Business Machines Corporation、Microsoft Corporation、Oracle Corporation、SAP SE、Tamr Inc.、TIBCO Software Inc.、Zaloni Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]