通気性フィルム市場、2027年までに53億4千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の通気性フィルム市場は、2021年に33億3,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.50%のCAGRで成長し、2027年までに53億4,000万米ドル規模に達すると予測されています。

通気性フィルムは、熱可塑性樹脂を使用して押出成形で製造され、防水性、環境適合性、ガスや水蒸気に対する透過性などの特性を備えています。また、水分を閉じ込める性質があるため、使い捨ての生理用ナプキンや赤ちゃんのおむつ、大人の失禁パッドなどの衛生用品を製造する際の費用対効果の高いソリューションとして考えられています。また、マットレス、防護服、隔離服、使い捨て用品、手術用ガウンなど、ヘルスケア分野でも活用されています。さらに、接着剤やポイントボンディングカレンダーで不織布複合材とラミネートして、ソフトなテキスタイルを作ることもできます。

市場の動向

コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生により、世界中で個人用保護具(PPE)やその他の必須医療用品のニーズが急増しています。これは、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。これに加えて、生理用ナプキンの流通網を改善するために多くの国の政府が実施している計画やプログラムのために、女性用衛生用品の需要が増加していることも、市場の成長に寄与しています。さらに、通常の紙おむつは大量の未処理廃棄物となり土地の汚染につながります。このことは、環境への関心の高まりと、赤ちゃんの適切な衛生管理に関する親の意識の高まりと相まって、生分解性おむつにおける通気性フィルムの適用を拡大させています。さらに、肥満率の高い高齢者人口の増加や大人の失禁の増加が、市場の成長に拍車をかけています。このほか、不動産プロジェクトへの投資拡大が、建設業界における通気性フィルムの採用にプラスの影響を与えると予想されています。

主要な市場区分

通気性フィルムの世界市場は、素材、技術、最終用途に基づいて分類されています。

素材別の市場区分

・ポリエチレン

・ポリプロピレン

・その他

技術別の市場区分

・モノリシック

・マイクロポーラス

最終用途別の市場区分

・衛生・パーソナルケア

・メディカル

・パッケージング

・建築

・テキスタイル

・その他

市場の競合状況

通気性フィルムの世界市場における主要な企業としては、American Polyfilm Inc., Arkema S.A., Berry Global Inc, Covestro AG, Daika Kogyo Co. Ltd., Fatra as (Agrofert), Mitsui Chemicals Inc., Nitto Denko Corporation, RKW Group, Skymark Packaging International Inc., Sunplac Corporation, Trioworld Industrier ABなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]