ロボットソフトウェア市場、2027年までに401億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のロボットソフトウェア市場は、2021年に117億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は21.50%のCAGRで成長し、2027年までに401億米ドル規模に達すると予測されています。

ロボットソフトウェアは、機械装置や電子システムが自律的にタスクを実行できるようにするためのコマンド群を提供します。セキュリティパトロール、訪問者ツアー、カスタムプログラムやドラッグ&ドロップで配送ルートを設定するインターフェースなどがあります。また、さまざまな工場で活用されている遠隔操作ロボットや移動型ロボットのコマンド&コントロールやタスク機能、制御用グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)などを備えたアプリケーションを作成することもできます。現在、複数の企業が、制御、安全、モーションを一つのソフトウェア・アーキテクチャに統合し、生産性向上のために開発した統合ロボットソフトウェアを提供しています。

市場の動向

第4次産業革命(Industry 4.0)の出現は、精密製造のトレンドの高まりとともに、製造施設をスマートで接続された工場に変更するための産業用ロボットのニーズを喚起しています。これは、市場の成長を促す主な要因の一つとなっています。また、パッケージ食品の需要増加に伴い、食品・飲料(F&B)業界のメーカーは、生産プロセスを自動化し、高い精度と歩留まりで製品を大量生産するためにロボット技術に依存しています。これは、市場にとって好ましい展望を生み出しています。これとは別に、化学分野で事業を展開する企業は、従業員が危険な作業を行うのを控え、作業者の安全性を向上させるためにロボットソフトウェアにシフトしています。さらに、医療業界では、手術用ロボットや研究室・薬局の自動化に対するニーズが高まっているため、ロボット技術が採用されています。また、労働者不足や企業間競争の激化により、電子商取引や運送会社が業務の大部分を自動化することに注力しているため、ロボットソフトウェアの需要は世界中で拡大しています。このほか、世界の市場関係者は、ロボットオペレーティングシステム(ROS)やフレームワークを用いて人工知能(AI)駆動ロボットを開発しており、市場の成長を後押しすると予測されています。

主要な市場区分

世界のロボットソフトウェア市場は、ソフトウェアの種類、ロボットの種類、導入形態、企業規模、最終使用産業に基づいて分類されています。 

市場の競合状況

世界のロボットソフトウェア市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、AIBrain Inc.、Brain Corporation、Clearpath Robotics Inc.、Furhat Robotics、H2O.ai Inc.、International Business Machines Corporation、Neurala Inc.、NVIDIA Corporation、Teradyne Inc.、The Boeing Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]