ロケーションアナリティクス市場、2027年に457億7千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のロケーションアナリティクス市場は、2021年に161億2,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は18.20%のCAGRで成長し、2027年には457億7,000万米ドル規模に達すると予測されています。

ロケーションアナリティクスは、ジオアナリティクスとも呼ばれ、消費者の行動や購買パターンを予測するために、組織のデータ資産に地理的データのレイヤーを追加するツールを指します。カメラやセンサー、モバイル機器、GPS、ソーシャルメディアを通じて収集したデータを活用し、リアルタイムおよび過去の地理的データを提供します。さらに、従来の方法と比較して、ビジネス戦略に対するより深い洞察を提供するため、さまざまな産業分野で事業を展開する企業の意思決定プロセスを容易にすることができます。

市場の動向

世界的な急速なデジタル化に伴い、モノのインターネット(IoT)の利用が拡大していることが、市場を牽引する大きな要因の一つとなっています。また、ネットワークインフラの整備や、スマートフォン、タブレット、ラップトップなどの家電製品の販売も増加しています。これに加えて、顧客の動的な位置情報へのアクセスに注力する企業が増えていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、エンドユーザーへのソリューションやサービスの充実のために、世界中の企業、政府機関、小売業でロケーションアナリティクスの用途が広がっていることも、市場の成長を後押ししています。これとは別に、ビジネスプロセスを最適化して収益を上げるために、さまざまな業界で資産管理ツールの導入が進んでいます。これは、企業の機会、パターン、リスクを検出する新技術を開発するための広範な研究開発(R&D)活動や主要な市場参加者による投資の増加と相まって、市場にプラスの影響を及ぼしています。クラウドコンピューティング、人工知能(AI)、ブロックチェーン、ビッグデータなどの技術は、この市場で事業を展開する主要メーカーに有利な成長機会を提供すると予測されます。

主要な市場区分

世界のロケーションアナリティクス市場は、コンポーネント、導入形態、設置場所、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソフトウェア

・サービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

設置場所別の市場区分

・屋内

・屋外

アプリケーション別の市場区分

・遠隔監視

・営業・マーケティング最適化

・アセットマネジメント

・リスクマネジメント

・ファシリティマネジメント

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・BFSI

・ヘルスケア

・ホスピタリティ

・政府機関

・運輸・物流

・IT・通信

・小売・消費財

・メディア・エンターテイメント

・その他

市場の競合状況

世界のロケーションアナリティクス市場における主要な企業としては、Alteryx Inc.、Cisco Systems Inc.、Esri、Galigeo、Google LLC、HERE Technologies、Hexagon AB、International Business Machines Corporation、Microsoft Corporation、Oracle Corporation、Pitney Bowes Inc.、SAS Institute Inc.、Sisense Inc.、TIBCO Software Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]