自然言語処理(NLP)市場、2027年までに610億3千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の自然言語処理(NLP)市場は、2021年に142億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は26.60%のCAGRで成長し、2027年までに610億3,000万米ドル規模に達すると予測されています。

自然言語処理(NLP)とは、人工知能(AI)の一種で、話し言葉と書き言葉の両方をコンピュータが理解、分析、解釈できるようにするものです。コンピュータが人間のコミュニケーションを正確に認識し、それに対応するためのAIやアルゴリズムを用いることで、ユーザーはコンピュータと直接人間同士のような会話をすることができます。また、ある言語から別の言語への翻訳、音声認識、大量のテキストデータのリアルタイムな要約など、ソフトウェアプログラムも支援します。現在では、カスタマーサービス用チャットボット、バーチャルアシスタント、音声操作によるGPSシステム、音声テキスト化アプリ、その他のコンピュータープログラムなどに幅広く活用されています。

市場の動向

NLPは、企業が顧客体験を向上させ、業務を合理化し、ミッションクリティカルなプロセスを簡素化し、全体的な生産性を向上させるのに役立ちます。その結果、企業は社内外の業務を改善するために、NLPソリューションを急速に導入しています。また、データのデジタル化の進展、インターネットや接続デバイスの利用拡大が、製品需要を増大させています。さらに、高度なデータ分析に対する需要の高まりと、画像認識や音声認識の分野での著しい進歩も、市場の成長を促進しています。また、大量の生成データを処理するために、ヘルスケアやコールセンターでNLPの採用が広まっています。さらに、いくつかのソーシャルメディアプラットフォームでは、テキスト解析とNLP技術を活用して、公開コンテンツの管理や、ヘイトスピーチや政治的主張などの活動の監視を行っており、これが市場に有利な成長機会をもたらしています。その他、スマートデバイスの販売急増、さまざまな産業におけるNLPアプリケーションの出現、AIへの投資の増加、音声ベースのソリューションの人気上昇なども、市場成長の原動力となっています。

主要な市場区分

世界の自然言語処理(NLP)市場は、タイプ、テクノロジー、導入形態、組織規模、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・ハードウェア

・ソフトウエア

・サービス

テクノロジー別の市場区分

・音声応答

・光学式文字認識

・テキストアナリティクス

・音声解析

・分類・カテゴリー化

・パターン認識・画像認識

・その他

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

組織規模別の市場区分

・大企業

・中小企業

エンドユーザー別の市場区分 

・教育

・BFSI

・ヘルスケア

・IT・通信

・製造業・小売業

・メディア・エンターテイメント

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ラテンアメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

市場の競合状況

世界の自然言語処理(NLP)市場における主要な企業としては、3M Company, Apple Inc., FUJIFILM Holdings Corporation, Google LLC (Alphabet Inc.), Intel Corporation, International Business Machines Corporation, Meta Platforms Inc., Microsoft Corporation, NetBase Solutions Inc., Nokia Corporation, SAS Institute Inc., Verint Systems.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]