加湿器市場、2027年までに29億2千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

加湿器の世界市場は、2021年に20億7,000万米ドルに達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.94%のCAGRで成長し、2027年までに29億2,000万米ドル規模に達すると予測されています。

加湿器とは、空気中に水分を加えることによって、部屋や建物の湿度を上げるために使用される電気機器を指します。加湿器は、皮膚の炎症や乾燥を防ぎ、風邪やインフルエンザの症状を緩和し、副鼻腔の詰まり、鼻血、唇のひび割れなどに悩む人々をサポートします。そのため、加湿器は空気の質を改善するために医療用換気扇によく搭載されています。また、大型ショッピングセンター、オフィスビル、データセンター、コンサートホール、博物館・美術館などにも設置されています。現在、市場ではエバポレーター、セントラル加湿器、スチームベーパライザー、インペラー加湿器、超音波加湿器など、さまざまな加湿器が販売されています。

市場の推進要因

現在、人々はダニ、カビ、バクテリアなどの汚染物質が健康に及ぼす有害な影響について認識するようになってきています。空気環境が常に悪化しているため、空気を処理するために加湿器の利用が増加しています。また、コンパクトディスクやコンピューター・ストレージなどの電子機器では静電気の蓄積が問題となるため、加湿器は静電気の蓄積を除去し、必要な湿度を維持するために複数の産業で採用されています。さらに、メーカー各社は、湿度レベルコントローラーや自動シャットダウン機能を備えた高度な加湿器を導入しています。その他の市場成長要因としては、呼吸器系疾患の増加、技術の進歩、消費者の意識の向上などが挙げられます。

主要な市場区分

加湿器の世界市場は、製品タイプ、流通チャネル、用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・ウォームミスト加湿器

・超音波加湿器

・クールミスト加湿器

・その他

現在、ウォームミスト加湿器が最も普及している製品タイプです。

流通チャネル別の市場区分

・オフライン

・オンライン

用途別の市場区分

・産業用

・家庭用

・商業用

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

北米は世界の加湿器市場で主要な地位を占めています。これは、適切な湿度レベルを維持することの重要性に対する消費者の意識が高いことに起因しています。

市場の競合状況

加湿器の世界市場における主要な企業としては、Honeywell International Inc.、Newell Brands、Procter & Gamble Co.、BONECO、Condair Group AG、Carel Industries S.p.A、Dyson Ltd、Humidifirst、Inc.、Crane USA、De’Longgi Appliances S.r.l, Heaven Fresh USA Inc.、UCAN CO, LTD.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]