反転授業市場、2027年までに40億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の反転授業市場は、2021年に16億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は16.92%のCAGRで成長し、2027年までに40億米ドル規模に達すると予測されています。

反転授業とは、従来の教室での授業ではなく、オンライン・モードで学習を行う革新的な教育モデルです。このシステムでは、学生はライブまたは録画された講義を見て、他の学生と協力し、ウェブを通じて教師から指導を受けることができます。学生は自分のペースで自由に学ぶことができるので、学習の柔軟性が高まります。ビデオやオーディオの形式で学生に提供されるコンテンツは、学生が自習を実践し、自分自身でテーマを探求する機会を十分に提供するように作られており、従来の授業よりも魅力的です。

市場の動向

デジタル化の進展は、市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。これに加えて、個人学習が一般に普及してきたことや、オンライン教育コミュニティの発展が、反転授業の需要拡大に大きく貢献しています。現在、教育機関では、生徒と教師の間のインタラクションを強化することで、教師が生徒一人ひとりのニーズを効果的に把握できるようにするため、反転授業を導入しています。さらに、オンラインリポジトリに保存された講義にアクセスしてダウンロードし、巻き戻しや一時停止、繰り返し再生をすることができるため、学生はあらゆる概念を容易に理解することができます。その他、可処分所得の増加や、教育施設の改善に向けた研究開発の活発化、技術革新なども市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界の反転授業市場は、製品、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・ソフトウェア 

・ハードウェア

・サービス

エンドユーザー別の市場区分

・高等教育

・K-12

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の反転授業市場における主要な企業としては、Adobe、Cisco、Desire2Learn、Echo360、Panopto、Aptara、Articulate、City & Guilds、Crestron Electronics、Dell、Haiku Learning、Mediacore、N2N Services、OpenEye、Saba Software、Schoology、TechSmithなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]