エンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソフトウェア市場、2027年までに1,179億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のエンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソフトウェア市場は、2021年に510億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は14.6%のCAGRで成長し、2027年までに1,179億米ドル規模に達すると予測されています。

エンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソフトウェアは、非構造化コンテンツの作成、配布、アーカイブ、保存、管理に加えて、利用状況を分析し、組織がユーザーの要求に応じて関連コンテンツを提供できるようにするために使用されます。このソフトウェアは、スキャンした文書、電子メール、レポート、医療画像、オフィス文書などのコンテンツを体系的に管理することで、時間とコストの削減を可能にします。また、セキュリティを確保しながら、コンテンツ作成やその他の情報プロジェクトの保存、追跡、編集、コラボレーションを行うことができます。このようにして、企業は構造化された情報を複数の部門やチームで共有し、ワークフローを効率的に管理するためのプラットフォームとして機能します。

市場の動向及び成長要因

ECMソフトウェアは、情報サイクルを合理化し、様々なビジネスプロセスを自動化することで、組織内の従業員間の円滑なコラボレーションと連携を確立します。また、金融機関は、デジタルチャネルでの顧客体験を分析・改善することで、短期的な収益目標をより迅速に達成することができます。

データを将来にわたって使用するためには、データを保護する必要があるため、データの損失防止に対して様々な企業からの関心が高まっており、ECMソフトウェアの導入を後押ししています。

多くの企業は、いつでもどこでもコンテンツやビジネス文書にアクセスして共同作業を行うために、モバイルデバイスの使用を好んでいます。ECMソフトウェアがスマートフォンやタブレットと統合されたことで、世界市場の見通しが明るくなりました。

また、ECMソフトウェアは、従業員間の作業の効率的な配分を可能にし、さまざまな機能的プロセスを追跡可能にし、進行中のさまざまなタスクを調整するのに役立ちます。

主要な市場区分

世界のエンタープライズコンテンツ管理ソフトウェア市場は、導入形態、コンポーネントタイプ、サービス、企業規模、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウドベース

コンポーネントタイプ別の市場区分

・ドキュメント管理システム(DMS)

・ウェブコンテンツ管理(WCM)

・ドキュメントセントリックコラボレーション(DCC)

・レコード管理

・ドキュメント・イメージング

・ビジネスプロセス管理(BPM)

・その他

サービス別の市場区分

・プロフェッショナル

・マネージド

企業規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

最終用途産業別の市場区分

・通信・IT

・銀行・金融サービス・保険(BFSI)

・小売

・教育

・製造業

・メディア・エンタテインメント

・官公庁

・ヘルスケア

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

エンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソフトウェア市場における主要な企業としては、Capgemini SE、Xerox Corporation、OpenText Corporation、IBM Corporation、Oracle Corporation、M-Files Corp、Hyland Software Inc.、Epicor Software Corp、Alfresco Software Inc.、DocuWare GmbH、Datamatics Global Services Limited、Hewlett Packard Enterprise Company、Microsoft Corporation、Newgen Software Technologies Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]