電気乾燥機市場、2027年までに163億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の電気乾燥機市場は、2021年に121億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.2%のCAGRで推移し、2027年までに163億米ドル規模に達すると予測されています。

電気乾燥機は、衣類や寝具などの繊維製品から水分を取り除くために使用される家庭用電化製品です。衣類を収納する回転ドラムやタンブラー、タンブラー内の空気を加熱する電動ヒーター、蒸気として水を排出する排気口などで構成されています。二酸化炭素を排出するガス乾燥機に代わって、電気乾燥機が急速に普及しています。さらに、ライフスタイルの変化、労働時間の延長、一人当たりの所得の増加などにより、電気乾燥機はほとんどの家庭で必要なものとなっています。

市場の動向及び成長要因

衣類の空気乾燥は時間のかかるプロセスであり、良好な気候条件に大きく依存するため、北米やヨーロッパなどの寒冷地に住む消費者は、短時間で衣類を乾燥できる電気乾燥機を好みます。また、インドや中国などの人口の多い地域では、マイクロアパートに住んでいる消費者が、家の中に洗濯物を干すスペースがほとんどないため、電気乾燥機を好んで使っています。

電気乾燥機には、デリケートサイクル、スチームリフレッシュ、サニタイズサイクル、水分センサーなどの機能が搭載されています。技術の進歩により、メーカーは、乾燥中にさまざまなケアを必要とする衣類に特化したオプションを備えた効率的な電気乾燥機を発売しています。例えば、消費者はスマートフォンを使って乾燥機を監視・操作できるようになりました。

世界人口の増加、都市化の進展、枯渇性資源の減少、電気料金の上昇などを受けて、さまざまな政府や非政府組織がエネルギー効率の高い機器の導入を推進しています。これにより、消費者はENERGY STAR認証を取得した電気乾燥機に投資することで、全体の電力消費量を削減することができます。

主要な市場区分

世界の電気乾燥機市場は、製品タイプ、流通チャネル、エンドユース、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・ベント式乾燥機

・ベントレス/コンデンサー式乾燥機

製品タイプ別では、ベント式乾燥機が最も高いシェアを占めています。

流通チャネル別の市場区分

・専門店

・直営店

・ハイパーマーケットおよびスーパーマーケット

・オンライン

・その他

エンドユース別の市場区分

・業務用

・住宅用

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、北米が電気乾燥機の最大の市場であり、世界シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

世界の電気乾燥機市場における主要な企業としては、Samsung Electronics Co., Ltd., Whirlpool Corporation, Electrolux AB, LG Electronics, Arçelik, Gorenje, Haier Group Corporation, Panasonic Corporation, Smeg Group S.p.A., GE, Asko, Crosslee, Hoovers, Kenmore Appliances, Midea, Miele, Robert Bosch GmbH, Sears Holdings (Kenmore)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]