ドッグフード市場、2027年に840億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のドッグフード市場は、2021年に627億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.95%のCAGRで成長し、2027年には840億米ドル規模に達すると予測されています。

犬は現在、世界中で最も好まれているペットのうちの一つです。犬の一般的な食事は、炭水化物、ミネラル、タンパク質、脂肪、ビタミン、水分の組み合わせで構成されている必要があります。必要な栄養素が不足している場合、犬は感染症を撃退したり、日常活動を行ったり、歯や骨を修復したり、体格や筋力を維持したりすることができません。そこで、世界中のドッグフードメーカーが、犬のライフステージに合わせた製品をリリースしています。また、腎臓病や心臓病などの病気の予防を目的とした製品もあります。また、さまざまな非政府組織が、野良犬の健康増進を目的としたボランティアによる救助施設を建設し始めたことも、高品質のドッグフードの需要を生み出しています。

市場の動向

昨今、飼い主が愛犬の食生活に気を配るようになり、より高品質なドッグフードの需要が高まっています。また、世界的に犬の糖尿病、高血圧、関節炎などの病気が多く報告されています。その結果、獣医師は飼い主に低カロリーのドッグフードを勧め始め、それによってメーカーは製品の提供を拡大するよう促されています。このほか、メキシコ、インド、タイ、中国などの発展途上地域では、物流施設の充実により、ドッグフードの売上が大きく伸びています。さらに、これらの地域では、急速な都市化と可処分所得の増加のために、犬の所有率が上昇しており、市場成長の推進力となっています。

主要な市場区分

ドッグフードの世界市場は、製品タイプ、価格帯、成分、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・ドライドッグフード

・ドッグトリーツ

・ウェットドッグフード

ドライドッグフードは価格が安く、歯石の蓄積を抑えることができるため、最も人気のあるタイプとなっています。

価格帯別の市場区分

・プレミアム商品

・大量生産品

価格帯別では現在、大量生産品が最も大きなセグメントであり、明確な優位性を示しています。

成分別の市場区分

・動物由来

・植物由来

現在、消化が良く、エネルギー源となり、犬の健康維持に役立つ動物由来製品が勢いを増しています。

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケットとハイパーマーケット

・専門店

・オンライン

・その他

流通チャネル別では、スーパーマーケットとハイパーマーケットが最も人気があります。

地域別の市場区分

・北米

・西ヨーロッパ

・アジア太平洋

・ラテンアメリカ

・東欧

・中近東・アフリカ

地域別では、北米がドッグフードの最大市場であり、市場シェアの大部分を占めています。これは、この地域全体で、特定のサイズ、品種、年齢に応じた幅広いドッグフード製品が入手可能であることに起因しています。

市場の競合状況

世界のドッグフード市場で事業を展開している上位のドッグフードメーカーは、以下の通りです。

・Mars Petcare, Inc.

・Nestlé Purina Pet Care

・Hill’s Pet Nutrition

・Del Monte Foods

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]