クラウドゲーミング市場、2027年までに94億3,990万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のクラウドゲーミング市場は、2021年に8億6,580万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は48.3%のCAGRで成長し、2027年までに94億3,990万米ドル規模に達すると予測されています。

クラウドゲーミングは、オンデマンドゲームとも呼ばれ、ユーザーのパーソナルコンピュータ(PC)、モバイルデバイス、コンソールにゲームを直接ストリーミングできるウェブゲーミングの一形態です。これは、ゲームのソフトウェアをサーバーに保存している第三者機関とリモート接続を確立することで実現されます。これにより、ユーザーは実際のソフトウェアをダウンロードしたり購入したりすることなく、オンラインでゲームをプレイすることができます。また、クラウドゲーミングは、ライブビデオストリーミングを通じて他のユーザーのゲームを見ることができ、スマートデバイス上で統合されたゲーム体験を提供します。様々なデバイスでエンドユーザーにスムーズでダイレクトなゲームプレイ体験を提供することを目的としています。

市場の動向

モバイルゲーム利用者の増加とゲーム技術のデジタル化は、市場成長を促進する二つの重要な要因です。また、クラウドゲーミングが提供する利点として、常時更新とバックアップの維持が挙げられます。これにより、ソフトウェアの物理的なコピーを保持する必要がなくなり、ゲーム全体のコストを最小限に抑えることができます。さらに、クラウドゲーミングは、データストレージの削減や、ユーザーへのアクセスのしやすさも提供します。これらすべての要因が、クラウドゲーミングの全体的な普及に寄与しています。そのほか、ネットワーク接続性の向上、インスタントプレイゲームの提供、Android、Linux、Mac、iOS、Chrome OSなど、ほぼすべてのOSおよびデバイスでのダウンロード、インストール不要のゲームプレイなども、市場成長の促進要因となっています。

主要な市場区分

世界のクラウドゲーミング市場は、デバイスタイプ、ジャンル、テクノロジー、ゲーマーに基づいて分類されています。

デバイスタイプ別の市場区分

・スマートフォン

・スマートテレビ

・コンソール

・タブレット

・PC

ジャンル別の市場区分

・アドベンチャー・ロールプレイングゲーム

・パズル

・ソーシャルゲーム

・ストラテジー

・シミュレーション

・その他

テクノロジー別の市場区分

・ビデオストリーミング

・ファイルストリーミング

ゲーマー別の市場区分

・ハードコアゲーマー

・カジュアルゲーマー

市場の競合状況

世界のクラウドゲーミング市場における主要な企業としては、Utomik B.V., Nvidia Corporation, Numecent Holdings Ltd., RemoteMyApp SP ZOO (Vortex), Parsec Cloud Inc, Paperspace, LiquidSky Software Inc, Simplay Gaming Ltd, Ubitus Inc., Microsoft Corporation, Sony, Amazon web services, Google, IBM Corporation, Samsung electronics, GameFly, CiiNow, Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]