フェイスメイク市場、2027年に457億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のフェイスメイク市場は、2021年に355億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.2%のCAGRで成長し、2027年には457億米ドル規模に達すると予測されています。

フェイスメイクとは、毛穴、ダークスポット、シワ、ソバカス、シミなど、顔の肌の欠点を隠すために使用される化粧品のサブセットを指します。しかし、化粧品を日常的に使用することは、毛穴を塞ぐために化粧品性ニキビの原因となり、肌に悪影響を及ぼすと考えられています。そのため、保湿効果、防腐効果、抗菌効果、抗炎症効果のある、ハラル、ナチュラル、オーガニックのフェイスメイク製品の需要が高まっています。

市場の動向及び成長要因

近年、消費者は自分の外見を気にするようになり、本来の美しさを高めたり、特定の特徴を際立たせたりする製品を好むようになっています。これが、世界のフェイスメイク市場全体の成長を推進しています。

また、世界的にBBクリームやCCクリームの消費が増加していることも、市場の成長を促進する大きなトレンドとなっています。これらのクリームは多機能であるため、スキンケアに必要な時間と労力を減らすことができます。

ソーシャルメディアの影響や自撮りの流行により、フェイスメイク製品に対する消費者の関心は、特に若年層を中心に高まっています。さらに、メーカーによる絶え間ない製品の革新と、積極的なプロモーションが市場の成長に貢献しています。

特に先進地域では、ハイライトや輪郭を強調する傾向が強まっており、市場の成長を後押ししています。これは、輪郭を強調することであごや鼻、額などの顔のパーツをスリムに見せることができ、また、ハイライトは肌に健康的な輝きを与えるためです。

主要な市場区分

フェイスメイク市場は、製品タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・ファンデーション

・フェイスパウダー

・チーク

・コンシーラー

・ブロンザー

・その他

製品タイプ別では、ファンデーションが市場シェアの大半を占めており、最も人気のある製品タイプとなっています。ファンデーションは、肌の仕上がりを均一に見せる効果があります。

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット/ハイパーマーケット

・専門店

・薬局・薬店

・オンラインストア

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、ヨーロッパが世界のフェイスメイク市場でトップの地位を占めています。これは、同地域における自然派、ハーブ、およびオーガニックのフェイスメイク製品の需要が高まっているためです。

市場の競合状況

世界のフェイスメイク市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。

・L’Oréal

・LVMH Moet Hennessy Louis Vuitton

・Coty Inc.

・Kao Corporation

・Oriflame

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]