セルラーIoT市場、2027年までに119億5千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のセルラーIoT市場は、2021年に35億6,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は21.8%のCAGRで成長し、2027年までに119億5,000万米ドル規模に達すると予測されています。

セルラーIoTとは、電気通信機器とインターネットとの統合を指します。3G、4G、5G、LPWA(Low Power Wide Area)などの先進技術を活用し、さまざまなハードウェアデバイスやセンサーを介した信頼性の高い接続を確立しています。資産、倉庫、労働力の管理、工場の遠隔監視、自動化、クラウドベースのロボティクス、交通管理、スマートウォッチやフィットネスバンドでのテレマティクスなどに広く利用されています。セルラーIoTソリューションは、グローバルな展開を簡素化し、他の共有ネットワークとの安全な接続を確立し、低帯域と高帯域の両方をサポートします。そのため、農業、環境モニタリング、ヘルスケア、製造、自動車、エネルギーなど、さまざまな産業で幅広い用途を見出すことができます。

市場の動向

世界中の通信産業の著しい成長は、市場に明るい見通しをもたらす重要な要因の一つです。また、急速なデジタル化と産業全般にわたる自動化のニーズの高まりが、市場成長の推進力となっています。中規模および大規模な組織は、Narrowband Internet of Things(NB-IoT)およびLong-Term Evolution for Machines(LTE-M)ソリューションを広く採用しています。これらの技術は、既存のモバイルネットワークと統合することで、エンドツーエンドのセキュリティ強化、デバイスレベルのアクセスや認証、暗号化されたデータ転送を実現することができます。さらに、IoT、組み込みセンサー、Wi-Fi、Bluetoothの自動車システムへの統合も、市場の成長要因として作用しています。自動車メーカーは、車内通信、車両間通信、車両間インフラ通信を促進するために、高級車とエコノミー車の両方に無線通信を組み合わせています。また、スマートメータ、気象観測、インフラセキュリティ、洪水・農業管理などにも利用されています。その他、5Gの商用化の進展や、特に発展途上国での大規模なインフラ開発などが、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

世界のセルラーIoT市場は、コンポーネント、タイプ、エンドユースに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

ハードウェア

ソフトウェア

・デバイス管理

・信号処理

タイプ別の市場区分

・2G

・3G

・4G

・LTE-M

・NB-LTE-M

・NB-IoT

・5G

エンドユース別の市場区分

・農業

・自動車と輸送

・家庭用電化製品

・エネルギー

・環境モニタリング

・ヘルスケア

・小売

・スマートシティ

・その他

市場の競合状況

世界のセルラーIoT市場における主要な企業としては、Arm Limited、Commsolid GmbH(Goodix Technology (HK) Company Limited)、MediaTek Inc、Qualcomm Incorporated、Sequans Communications、Sierra Wireless、Telefonaktiebolaget LM Ericsson、Telit、 Texas Instruments Incorporated、Thales Group、 U-Blox Holding AG、ZTE Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]