ポリエステル短繊維市場、2027年までに290億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のポリエステル短繊維市場は、2021年に220億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.95%のCAGRで成長し、2027年までに290億米ドル規模に達すると予測されています。

ポリエステル短繊維(PSF)は、高純度テレフタル酸(PTA)とモノエチレングリコール(MEG)、または再生ポリエチレンテレフタレート(PET)ボトルフレークを重合して作られます。軽量で耐光性に優れ、様々なカラーバリエーションと異なるカット長を用意しています。PSFは厳しい気候条件にも耐え、優れた復元力を持つことから、紡績糸として広く使用されており、これを編んだり、織ったりして不織布を作ります。また、ポリファイバーフィルとして、世界中の高級枕、クッション、キルト、ソファ、ソフトトイ、ジャケット、マットレスなどに使用されています。

市場の動向

不動産業界の著しい成長は、高級家具の需要にプラスの影響を与えています。これは、市場の成長を促す大きな要因の一つです。また、建設業界では、コンクリートのひび割れを埋めるためにPSFが使用されており、壁、タンク、タイル、ブロック、メンテナンスホールカバーなどの品質向上に役立っています。さらに、可処分所得の増加や、サステイナブルなファストファッションへのニーズの高まりにより、繊維産業でのPSFの利用が促進されています。加えて、PSFはスピーカーフェルト、ジオテキスタイル、ワディングの製造や、吸音材としても使用されています。また、ルーフ、エアバッグ、トランクライナー、カーペットバッキング、グローブボックス、ドアパネル、セーフティベルト、遮音材など、高品質で経済的な自動車用繊維の製造にも使用されています。さらに、小型商用車の生産台数が増加していることから、市場に有利な機会を提供することが期待されています。

主要な市場区分

世界のポリエステル短繊維市場は、オリジン、製品、用途、地域に基づいて分類されています。

オリジン別の市場区分

・バージン

・リサイクル

・ブレンド

製品別の市場区分

・固体

・中空

用途別の市場区分

・自動車

・家具

・アパレル

・フィルトレーション

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のポリエステル短繊維市場における主要な企業としては、Alpek S.A.B. de C.V. (Alfa S.A.B. de C.V.)、Bombay Dyeing、China Petroleum Corporation (Sinopec Group)、Diyou Fibre (M) Sdn Bhd、Far Eastern New Century Corporation、Huvis Corporation、Indorama Corporation、Reliance Industries Limited、Shubhalakshmi Polyester Ltd、Toray Industries Inc.、XINDA Corp.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]