バイオ潤滑油市場、2027年までに27億3千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のバイオ潤滑油市場は、2021年に21億4千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.1%のCAGRで成長し、2027年までに27億3千万米ドル規模に達すると予測されています。

バイオ潤滑油は、エポキシ化反応、トランスエステル化反応、エステル化反応など、植物由来の油を化学修飾することで調製されます。これらの潤滑剤は、異なる表面間の摩擦を減らすために広く使用されています。バイオ潤滑油は、無害で環境に優しく、生分解性があり、再生可能であることから、鉄道のフランジ、チェーンソーの棒、2サイクルエンジンなどの重機械に利用されています。また、バイオ潤滑油は、使用時の必要量が少なく、合成油や鉱物油ベースの潤滑剤に比べていくつかの利点があります。現在、技術の進歩と主要企業の研究開発活動の活発化により、バイオ潤滑油の応用に新たな道が開かれています。

市場の成長要因

バイオベースの潤滑油は、政府の厳しい規制や、発電所や製造業での使用の増加により、従来の石油ベースのオイルに代わって、徐々に注目を集めています。また、生分解性、高引火点、一定粘度、低排出ガスなどの優れた特性を持つ潤滑油への需要が高まっていることも、市場成長を促す要因となっています。さらに、世界的な原油埋蔵量の減少と原油価格の高騰により、バイオベースの材料の需要が大幅に増加しています。その他、研究開発の活発化、技術革新、環境問題への関心の高まり、合成潤滑油の使用に対する政府の厳しい規制などの要因が、今後数年間の市場を牽引すると予想されています。

主要な市場区分

世界のバイオ潤滑油市場は、ベースオイルタイプ、アプリケーション、最終用途産業に基づいて分類されています。

ベースオイルタイプ別の市場区分

・植物性油脂

・動物性油脂

アプリケーション別の市場区分

・油圧作動油

・金属加工油剤

・チェーンソー用オイル

・離型剤

・2サイクルエンジンオイル

・ギアオイル&グリス

・その他

最終用途産業別の市場区分

・発電

・自動車

・重機

・食品・飲料

・冶金・金属加工

・化学工業

・その他

市場の競合状況

世界のバイオ潤滑油市場における主要な企業としては、Albemarle Corporation、BP Plc、Chevron Corporation、Emery Oleochemicals、Exxon Mobil Corporation、Fuchs Petrolub SE、Klüber Lubrication München SE & Co. KG(Freudenberg Chemical Specialities SE & Co.KG)、Panolin AG、Polnox Corporation、Quaker Chemical Corporation、Royal Dutch Shell PLC、Total SEなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]