ウェアラブル医療機器市場、2027年までに605億5千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のウェアラブル医療機器市場は、2021年に189億6,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は22.2%のCAGRで成長し、2027年までに605億5,000万米ドル規模に達すると予測されています。

ウェアラブル医療機器とは、患者の健康状態を監視するために身体に非侵襲的に装着される様々な機器を指します。バイタルサイン、グルコース、睡眠、胎児、産科、神経モニタリングなどの複数の診断デバイスや、疼痛管理、リハビリテーション、呼吸療法などの多数の治療デバイスが含まれます。これらの機器は、バイオセンサー、コントローラー、電源、データ取得・解釈・転送・保存のためのソフトウェアシステムで構成されています。これらの機器は、アクセサリーとして身につけたり、衣服に組み込んだり、インプラントとして使用したりすることができます。バイオセンサーは、患者の生命活動の正確な測定や、てんかん発作や心臓疾患の予測に定期的に使用され、患者の快適性を高め、タイムリーな臨床介入を提供するために役立っています。

市場の動向

医療インフラの大幅な成長と慢性疾患の有病率の増加は、市場の成長に明るい展望をもたらす重要な要因の一つとなっています。また、コロナウイルス(COVID-19)の世界的な流行が続く中、ヘルスケアセンターにおけるウェアラブル医療機器の需要も大幅に増加しています。これらのデバイスは、モニタリング、フィードバック、リハビリテーション、疾病管理、適切な治療法の提案など、非常に大きな応用性を持っています。これにより、個人が健康上の懸念を定期的にチェックし、タイムリーに対処するのに役立っています。さらに、モノのインターネット(IoT)を統合したスマートウォッチ、パッチ、スマート衣料の開発など、さまざまな技術の進歩も市場成長を促す要因として作用しています。これらの技術は、オンプレミスおよび遠隔地での患者情報の正確な保存と監視を可能にします。その他、老年人口の増加や、健康管理技術に対する消費者の支出の増加などが、市場をさらに牽引すると予測されています。

主要な市場区分 

ウェアラブル医療機器の世界市場では、デバイスタイプ、製品、アプリケーション、流通チャネルに基づいて分類されています。

デバイスタイプ別の市場区分

診断デバイス

・バイタルサインモニタリング

・睡眠モニタリング

・心電計および産科用デバイス

・神経モニタリング

治療デバイス

・疼痛管理デバイス

・インスリンデリバリーデバイス

・リハビリテーションデバイス

・呼吸療法デバイス

製品別の市場区分

・活動量計

・スマートウォッチ

・パッチ

・スマート衣料

・補聴器

・その他

アプリケーション別の市場区分

・スポーツ・フィットネス

・遠隔患者モニタリング

・在宅医療

流通チャネル別の市場区分

・オフライン

・オンライン

市場の競合状況

ウェアラブル医療機器の世界市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Apple Inc.、Dexcom Inc.、Fitbit Inc. (Google LLC)、Garmin Ltd.、Honeywell International Inc.、Koninklijke Philips N.V.、Medtronic Plc、Omron Corporation、Vital Connect Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]