アイスクリーム市場、2027年までに898億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のアイスクリーム市場は、2021年に680億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.92%のCAGRで成長し、2027年までに898億米ドル規模に達すると予測されています。

アイスクリームは、牛乳、クリーム、人工または天然の調味料を組み合わせて作られる甘い冷菓です。フローズンカスタードやフレンチアイスクリームのように、主原料の1つとして卵を使用するバリエーションもあります。アイスクリームは、炭水化物、カルシウム、リン、チアミン、リボフラビン、ナイアシン、葉酸、ビタミンA、C、D、E、K、B-6、B-12を豊富に含んでいます。市場には数多くのフレーバーがあり、中でもストロベリー、チョコレート、バニラが最も人気があります。アイスクリームは最も古いデザートの一つであり、その商業的生産は1850年代初頭、アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモアに最初の大規模製造工場が設立されたときにさかのぼります。それ以来、物流や生産プロセスの急速な進歩により、メーカーはほぼすべてのレストラン、スーパーマーケット、コーナーストアを通じてアイスクリームを提供することができるようになりました。

市場の動向

ここ数年、健康志向の高まりと健康に関する知識の向上により、消費者の嗜好は珍しいオーガニック成分を配合した高級菓子にシフトしています。また、世界中の複数の管理機関が、アイスクリームのラベリング、成分、製造に関する新しい規制を発行しています。例えば、インド食品安全基準局(FSSAI)は、2020年に冷菓のラベリング基準を導入しました。この基準では、食品事業者(FBO)に対して、植物性タンパク質または植物性脂肪・油の割合量をラベルに目立つように記載することが義務づけられます。これとは別に、急速な都市化により、百貨店、ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどの近代的な小売業態が拡大しており、売上の増加に貢献しています。さらに、アイスクリーム消費には所得弾力性があるため、可処分所得の増加や消費者の購買力の向上により、インドや中国などの新興国における一人当たりの消費量が増加しています。

主要な市場区分

世界のアイスクリーム市場は、フレーバー、カテゴリー、製品、流通チャネルに基づいて分類されています。 

フレーバー別の市場区分

・バニラ

・チョコレート

・フルーツ

・その他

現在、チョコレートは他のデザートにも使用されるため、消費者に好まれています。

カテゴリー別の市場区分

・店頭消費用

・持ち帰り用

・アルチザン

上記の中で、店頭消費用のアイスクリームが予測期間中、優位なポジションを維持すると予想されます。

製品別の市場区分

・カップ

・スティック

・コーン

・レンガ

・タブ

・その他

現在、消費者の大半はカップアイスを好んで購入しています。

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット/ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・アイスクリーム・パーラー

・オンラインストア

・その他

スーパーマーケットやハイパーマーケットは、消費者に幅広いブランドやフレーバーの製品を提供するため、最も人気のある流通チャネルとなっています。

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・欧州

・中南米

・中近東・アフリカ

現在、欧州が市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

世界のアイスクリーム市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。

・ユニリーバ

・ネスレ

・内蒙古自治区吉利産業集団

・ゼネラル・ミルズ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]