ガバナンス・リスク・コンプライアンス(GRC)プラットフォーム市場、2027年までに687億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のガバナンス・リスク・コンプライアンス(GRC)プラットフォーム市場は、2021年に352億米ドル規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.7%のCAGRで成長し、2027年までに687億米ドル規模に達すると予測されています。

ガバナンス・リスク・コンプライアンス(GRC)とは、組織のガバナンス、企業のリスク管理、規制への準拠といった幅広い問題に取り組むために利用される機能の集合体を指します。GRCプラットフォームは、組織の運営や目標を妨げる可能性のあるリスクを特定、評価、管理するのに役立ちます。ワークスペースに導入することで、意思決定プロセスを改善し、最適な投資を増やし、さまざまな部門や部署間の分断を最小限に抑えることができます。また、企業における人、プロセス、テクノロジーの関わりを調整し、管理業務の煩雑さを軽減し、コストを効果的に管理するためにも活用されています。

市場の成長要因

GRCプラットフォームの世界市場は、ワークスペースにおける業務活動の強化に対する需要が高まっていることが主な成長要因となっています。一般的な企業規制に従い、ビジネスプロセスの合理化、各種プログラムの一元化、全体目標の効率的な達成のためにGRCソリューションを導入する企業が増加傾向にあります。それに伴い、機密情報を保護するために効果的な分析と監視を必要とするデジタルデータの量も大幅に増加しています。その結果、複数のデータベース、電子メールシステム、データウェアハウスからデータを効率的に管理するために、クラウドベースのGRCソリューションが多くのワークスペースで利用されるようになってきています。さらに、公正な取引慣行を確保するために政府が企業機能に介入するケースが増加していることも、エンタープライズGRC(EGRC)プラットフォームの需要に拍車をかけています。EGRCは、通常の業務を妨げることなく、新規または更新された規制ポリシーに準拠するための複雑さを緩和するのに役立ちます。さらに、COVID-19の世界的な流行は、企業部門の勤務形態に影響を与え、大半の企業がリモートワークにシフトしています。これにより、企業によるGRCソリューションの利用が広まりました。GRCソリューションは、現在の市場シナリオを詳細に理解し、計算されたリスクを取って市場での地位を確立するのに役立つと期待されています。

主要な市場区分 

世界のGRCプラットフォーム市場は、導入形態、ソリューション、コンポーネント、サービス、エンドユーザー、業種に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のGRCプラットフォーム市場における主要な企業としては、SAS Institute Inc.、IBM Corp、SAP SE、EMC Corporation、Microsoft Corporation、Fidelity National Information Services Inc.、Oracle Corporation、Thomson Reuters Corporation、Newport Consulting Group, LLC、BWise BVなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]