医療機器検査市場、2027年までに160億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の医療機器検査市場は、2021年に110億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.7%のCAGRで成長し、2027年までに160億米ドル規模に達すると予測されています。

医療機器検査は、様々な能動および非能動医療機器の設計と生産効率を検査するプロセスを指します。プロトタイプ、生体適合性、化学、微生物、無菌検査、パッケージバリデーション、電気、機械、機能安全評価、ソフトウェアテストなどが含まれます。これらの検査は、心臓血管、神経、整形外科用デバイス、歯科用インプラント、および材料コンポーネントに対して実施されます。また、サービスプロバイダーは、消費者向けに社内または外注で検査、テスト、認証サービスを提供しています。これらのサービスにより、デバイスの信頼性が高く、臨床または緊急の場で安全に使用できることが保証されます。そのため、医療機器検査は病院、診療所、その他の医療・診断センターで幅広く利用されています。

市場の動向

医療業界の大幅な成長と、医療機器の検査と妥当性の確認に対する需要の高まりは、市場に明るい見通しをもたらす重要な要因の一つとなっています。また、コロナウイルス(COVID-19)感染症が世界中に広がり続けているため、低コストの医療機器を開発するための効率的な検査システムの需要が大幅に増加しており、これが市場の成長をさらに後押ししています。さらに、検査工程における人工知能(AI)、ロボット、自動化の活用など、さまざまな技術的進歩も、市場の推進要因として作用しています。デバイスメーカーは、自動化された品質保証ツールを使用して、検査過程における人間の介入を最小限に抑えながら、臨床機器やウェアラブル医療機器の精度を高めています。その他、製品設計の複雑化、検査サービスのアウトソーシングの普及などが、市場をさらに押し上げると予想されています。

主要な市場区分

世界の医療機器検査市場は、サービス、タイプ、検査タイプ、デバイスクラス、デバイスタイプに基づいて分類されています。

サービス別の市場区分

・テストサービス

・検査サービス

・その他

タイプ別の市場区分

・インハウス

・アウトソーシング

検査タイプ別の市場区分

・生体適合性検査

・化学的検査

・バイオバーデン測定

・抗菌性・無菌性検査

・その他

デバイスクラス別の市場区分

・クラスI

・クラスII

・クラスIII

デバイスタイプ別の市場区分

・体内埋込型医療機器

・非能動型医療機器

・体外診断用医療機器

・眼科用医療機器

・その他

市場の競合状況

世界の医療機器検査市場における主要な企業としては、American Preclinical Services LLC、Charles River Laboratories Inc.、Element Materials Technology、Eurofins Scientific LLC、Intertek Group Plc、North American Science Associates Inc.、Pace Analytical Services LLC(LAB Holdings Inc.)、SGS SA、Sterigenics U.S. LLC(Sotera Health LLC)、Toxikon Corporation、TÜV Rheinland Aktiengesellschaft、TÜV SÜD Aktiengesellschaft、WuXi AppTecなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]