産業用ポンプ市場、2027年までに834億米ドル規模到達見込み

市場の概要

産業用ポンプの世界市場は、2021年に603億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.1%のCAGRで成長し、2027年までに834億米ドル規模に達すると予測されています。

産業用ポンプは、油、汚泥、スラリー、化学薬品、石油、廃水などの流体をある場所から別の場所に移動させるために使用される機械装置です。現在、液体の用途や製造時に使用する材料に応じて、さまざまな形状、サイズ、構成で提供されています。例えば、遠心ポンプは化学工場で低粘度液体の移送に使用されています。また、容積式(PD)ポンプは、自動車のトランスミッションシステムでの高粘度液体の移送や、高い油圧を必要とするプロセス操作をする際に利用されています。

市場の動向

エネルギー需要の高まりによる石油・ガス分野での探査活動の活発化は、市場成長の主な要因の一つとなっています。また、既存の廃水処理施設のアップグレードに重点を置く傾向が強まっていることも、市場の成長に寄与しています。これは、飲料水の入手可能性が限られていること、環境への関心が高まっていること、汚染された水を飲むことによる悪影響についての認識が高まっていることにも起因しています。これとは別に、電力産業では循環、ボイラー供給、汚泥処理にさまざまなサイズや形状の産業用ポンプが利用されています。さらに、急速な都市化とインフラ開発の増加も、市場の成長に拍車をかけています。加えて、大手企業は革新的な戦略を採用し、製品ポートフォリオを拡大し、競合他社に対する優位性を得るために、中小企業との合併・買収(M&A)に注力しています。これにより、今後数年間は市場のさらなる成長が期待されています。

主要な市場区分

産業用ポンプの世界市場は、製品、流通チャネル、用途に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

遠心ポンプ

・アキシャルフローポンプ

・ラジアルフローポンプ

・ミックスフローポンプ

容積式ポンプ

・往復動ポンプ

・ロータリー

・その他

その他

流通チャネル別の市場区分

・オンライン

・オフライン

用途別の市場区分

・オイル&ガス

・化学品

・建設

・発電

・上下水道

・その他

市場の競合状況

産業用ポンプの世界市場における主要な企業としては、Dover Corporation、Ebara Corporation、Flowserve Corporation、Grundfos Holding A/S、ITT Inc.、Iwaki Co. Ltd.、KSB SE & Co. KGaA、Schlumberger Limited、SPX Flow Inc.、Sulzer Ltd.、The Weir Group PLC、Vaughan Co. Inc.、Xylem Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]