レジオネラ菌検査市場、2027年までに4億2,400万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のレジオネラ菌検査市場は、2021年に2億6,100万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.38%のCAGRで成長し、2027年までに4億2,400万米ドル規模に達すると予測されています。

レジオネラ菌は下気道を侵す感染症で、重度の肺炎、ポンティアック熱、インフルエンザに似た症状を伴う病気につながることがあります。レジオネラ菌の検査は、血液、尿、喀痰に含まれる菌や抗原の存在を確認するために行われます。現在、レジオネラ症の診断には、尿中抗原、ペア血清、PCR(Polymerase Chain Reaction)、DFA(Direct Fluorescent Antibody)染色、下気道分泌物の培養など、さまざまな検査方法があります。検査結果に応じて、マクロライド、キノロン、テトラサイクリン、ドキシサイクリン、ミノサイクリン、トリメトプリムなどの抗生物質治療が通常患者に投与されます。

市場の動向

50歳以上の成人は、レジオネラ菌に感染する可能性が高くなります。そのため、世界的な老年人口の増加は、市場にプラスの影響を与える主な要因の一つとなっています。また、喫煙者、がん、糖尿病、腎臓病、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、その他の慢性疾患を持つ人が増加しているため、感染や入院のリスクが高まっています。レジオネラ菌による死亡率は高いため、その効果的な診断検査や治療法に対する需要が高まっています。さらに、レジオネラ症を引き起こす細菌は、冷却塔、呼吸療法装置、噴水、霧吹き、温泉プール、ホテルや家庭、工場の水システムなど、さまざまな自然環境および人工水域で主に発見されています。その結果、多くの国の保健機関は、水中でのレジオネラ菌の増殖を最小限に抑えるために、効果的な水安全計画(WSP)を策定しています。このため、法令を遵守するために職場の建物でレジオネラ菌を検査する需要が高まっています。その他、市中肺炎の成人患者の診断・治療戦略に関する最近の臨床試験も、市場の成長に寄与しています。

主要な市場区分

世界のレジオネラ菌検査市場は、アプリケーションとエンドユーザーに基づいて分類されています。

アプリケーション別の市場区分

水質検査

・微生物培養

・DFA染色

・PCR

・その他

IVD検査

・血液培養

・尿中抗原検査

・DFA染色

・PCR

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・診断研究所

・病院・診療所

・その他

市場の競合状況

世界のレジオネラ菌検査市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Becton, Dickinson and Company、BioMérieux SA、Bio-Rad Laboratories Inc.、Eiken Chemical Co. Ltd.、Quidel Corporation、Takara Bio Inc.、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]