エネルギーハーベスティングシステム市場、2027年までに8億6,740万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のエネルギーハーベスティングシステム市場は、2021年に4億2,570万米ドルの規模に到達しました。2022年から2027年にかけて、市場は12.8%のCAGRで成長し、2027年までに8億6,740万米ドル規模に達すると予測されています。

エネルギーハーベスティング(EH)は、エネルギースカベンジングとも呼ばれ、太陽、振動、熱、風、高周波などの周囲のエネルギーを電気エネルギーに変換するプロセスを指します。EHシステムは、バッテリーや電源ケーブルなどの従来の電源を必要としないため、全体的なコストを削減することができ、遠隔地に設置された電子機器やセンサーネットワーク、ウェアラブルな電子機器に簡単に電力を供給することができます。

市場の動向

EHシステムは、世界中のビルオートメーション、ホームオートメーション、産業用およびセキュリティ用アプリケーションに採用されています。この傾向は、効率的で安全な電力システムに対する需要の高まりと相まって、エネルギーハーベスティングシステム市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。エネルギーハーベスティングシステムは、主に民生用電子機器、無線センサー、ウェアラブル電子機器などに利用されており、これらの産業の成長がエネルギーハーベスティングシステムの需要をさらに押し上げています。また、圧電エネルギーハーベスティングシステムは、リモートセンサーシステムに電力を供給するための信頼できるソリューションとして登場しました。さらに、モノのインターネット(IoT)ソリューションの統合により、様々な最終用途産業でエネルギーハーベスティングシステムの需要が高まっています。加えて、潮力や風力などの再生可能エネルギーが容易に利用できるようになったことも、さまざまな産業分野でのエネルギーハーベスティングシステムの利用拡大につながっています。さらに、各国政府はグリーンエネルギーの利用を推進しており、今後数年間の市場にプラスの影響を与えることが期待されています。

主要な市場区分

世界のエネルギーハーベスティングシステム市場は、テクノロジー、コンポーネント、アプリケーションに基づいて分類されています。

テクノロジー別の市場区分

・光エネルギーハーベスティング

・振動エネルギーハーベスティング

・電磁/無線周波数(RF)エネルギーハーベスティング

・熱エネルギーハーベスティング

・その他

コンポーネント別の市場区分

・トランスデューサ

・パワーマネジメントIC (PMIC)

・ストレージユニット

アプリケーション別の市場区分

・家庭用電化製品

・ビルディング・ホームオートメーション

・輸送機器

・ヘルスケア

・その他

市場の競合状況

世界のエネルギーハーベスティングシステム市場における主要な企業としては、ABB Ltd., Analog Devices Inc., Cymbet , Cypress Semiconductor Corporation (Infineon Technologies AG), EnOcean GmbH, Fujitsu Limited (Furukawa Group), Honeywell International Inc., Microchip Technology Inc., Powercast Corporation, STMicroelectronics SA, Texas Instruments Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]