石油コークス市場、2027年までに342億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の石油コークス市場は、2021年に218億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.6%のCAGRで成長し、2027年までに342億米ドル規模に達すると予測されています。

石油コークス(ペットコークス)は、原油の蒸留過程で生じる固形炭素の副産物を指し、一般的に燃料として使用されます。従来から使用されている化石燃料と比較して、出力値が高く、灰分が少ないため、コスト効率が高いのが特徴です。石油コークスの種類としては、ニードルコークス、スポンジコークス、ハニカムコークス、ショットコークスなどが一般的です。化学的に非常に安定しており、主に陽極、電極、金属やレンガ、セメント、肥料などの製造に使用されます。

市場の動向

特に発展途上国における急速な工業化は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。また、エネルギー生成のための化石燃料への依存度を減らすことが重視されるようになったことも、市場の拡大要因となっています。さらに、世界各地での大規模なインフラ整備は、市場に明るい展望をもたらしています。鉄道や高速道路、道路の建設など、さまざまな産業用途で鉄鋼の需要が高まっているため、石油コークスの利用が増加しています。これに伴い、煆焼された石油コークスは、製鉄所や炉、バーナーで石炭の代わりとして広く使用されており、これも市場の成長を後押ししています。加えて、グリーン・ペット・コークスの開発など、さまざまな製品の革新も市場委成長を促す要因となっています。これは、腐敗したコークスを加工して製造され、硫黄含有量が少なく、延性、耐腐食性、熱伝導性、電気伝導性が高くなっています。これは、二酸化炭素排出量を最小限に抑えるための有利な政府政策の実施とともに、市場成長をさらに推進すると予想されています。

主要な市場区分

世界の石油コークス市場は、タイプおよび用途に基づいて分類されています。 

タイプ別の市場区分

・燃料グレードのコークス

・焼成コークス

用途別の市場区分

・発電所

・セメントキルン

・鉄鋼

・アルミニウム

・肥料

・その他

市場の競合状況

世界の石油コークス市場における主要な企業としては、BP Plc、Chevron Corporation、ConocoPhillips、Exxon Mobil Corporation、HPCL – Mittal Energy Limited、Indian Oil Corporation Ltd、Marathon Petroleum Corporation、Royal Dutch Shell Plc、Saudi Arabian Oil Co. Trammo Inc.、Valero Energy Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]