ソフトスキルトレーニング市場、2027年までに471億6千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のソフトスキルトレーニング市場は、2021年に236億4,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は12.3%のCAGRで成長し、2027年までに471億6,000万米ドル規模に達すると予測されています。

ソフトスキルとは、人間関係やコミュニケーション能力、性格特性、態度、キャリア志向、社会的・感情的知性などの組み合わせを指します。個人は、これらのスキルを高め、個人とビジネスの目標を達成するために職場環境をナビゲートするための専門的なトレーニングを受けています。トレーニングはオフラインとWebベースのプラットフォームを通じて提供され、顧客サービスの向上、従業員の定着、売上増加、仕事満足度の向上、個人の全体的な生産性の向上に役立ちます。しかし、ハードテクニカルスキルに比べ、ソフトスキルはよりパーソナリティに焦点を当てたもので、時間管理、紛争解決、問題解決、批判的思考、組織開発、リーダーシップなどに応用することができます。

市場の動向

急速な都市化とともに、世界中の専門家の間でスキルギャップを最小化する必要性が高まっていることが、市場成長の主な要因として挙げられます。組織は、全体的な発展と目標の迅速な達成を促すために、従業員に高品質のトレーニングモジュールを提供することに重点を置いています。また、新入社員は、委譲、結束、協力のスキルを身につけるためのソフトスキルトレーニングプログラムに登録されており、これも市場の成長に寄与しています。さらに、より有利な職業上の機会を得るために、個人のスキルアップやソフトスキルの習得に投資する傾向も強まっています。加えて、人工知能(AI)やバーチャルリアリティ(VR)をトレーニングモジュールに統合するなど、さまざまな技術的進歩も市場の成長要因として作用しています。これらの技術は、繰り返し再利用可能なコンテンツを提供し、各個人の要件を特定することができます。その他、デジタル学習や大衆による新しいスキルの習得に対する支出の増加などが、市場成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のソフトスキルトレーニング市場は、ソフトスキルの種類、チャネルプロバイダ、ソーシング、配信形態、エンドユーザーに基づいて分類されています。

ソフトスキルの種類の市場区分

・マネジメントとリーダーシップ

・アドミニストレーションとセクレタリー

・コミュニケーションと生産性

・パーソナルデベロップメント

・チームワーク

・その他

チャネルプロバイダ別の市場区分

・企業・法人

・大学・教育機関

・政府機関

ソーシング別の市場区分

・インハウス

・アウトソース

配信形態別の市場区分

・オンライン

・オフライン

エンドユーザー別の市場区分

・BFSI

・ホスピタリティ

・ヘルスケア

・小売

・メディア・エンターテインメント

・その他

市場の競合状況

世界のソフトスキルトレーニング市場における主要な企業としては、Articulate Global Inc., Cengage Learning Inc., Computer Generated Solutions Inc., D2L Corporation, edX Inc., New Horizons Worldwide LLC, NIIT Limited, Pearson PLC, QA Limited, Skillsoft Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]