再生医療市場、2027年までに504億4千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の再生医療市場は、2021年に147億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は22.6%のCAGRで成長し、2027年までに504億4,000万米ドル規模に達すると予測されています。

再生医療とは、損傷した組織や臓器の構造と機能を回復させることを目的とした生物医学の一分野です。研究室で開発された幹細胞を体内に安全に移植し、損傷した骨、軟骨、血管、臓器などを再生させるものです。細胞・再生医療は、細胞療法、免疫調整療法、組織工学療法など、さまざまな臨床治療で一般的に使用されています。アルツハイマー病、パーキンソン病、心血管障害(CVD)、骨粗鬆症、脊髄損傷など、さまざまな慢性疾患の効果的な治療法として期待されています。

市場の動向

世界中で慢性疾患や遺伝性疾患が増加していることは、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。さらに、筋骨格系、腫瘍、皮膚、心臓などさまざまな疾患を患いやすい老年人口の増加が、市場の成長を促しています。これに伴い、臓器移植の普及も市場成長に寄与しています。再生医療は、移植後の体による臓器拒絶反応のリスクを最小限に抑え、患者の回復速度を向上させることができます。さらに、3Dバイオプリンティング技術の開発や再生医療の生産における人工知能(AI)の採用など、細胞ベースの治療におけるさまざまな技術的進歩も、市場成長要因として作用しています。これらの進歩は、慢性的な火傷や骨欠損、皮膚の傷を治療するための効率的な皮膚移植術の実施に役立っています。その他、医療科学分野における広範な研究開発活動や医療インフラの改善なども、市場のさらなる拡大要因として期待されています。

主要な市場区分

世界の再生医療市場は、タイプ、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・幹細胞治療

・バイオマテリアル

・組織工学

・その他

アプリケーション別の市場区分

・骨補填材

・骨関節疾患

・皮膚科領域

・循環器

・中枢神経系

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・専門クリニック

・その他

市場の競合状況

世界の再生医療市場における主要な企業としては、Allergan PLC (AbbVie Inc.), Amgen Inc., Baxter International Inc., BD (Becton, Dickinson and Company), Integra Lifesciences Holdings Corporation, Medtronic plc, Mimedx Group Inc., Novartis AG, Osiris Therapeutics Inc. (Smith & Nephew plc), Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]