ジルコニウム市場、2027年までに26億5千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のジルコニウム市場は、2021年に16億6,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.4%のCAGRで成長し、2027年までに26億5,000万米ドル規模に達すると予測されています。

ジルコニウムは、火山岩や深成岩に多く含まれる光沢のある銀灰色の遷移金属を指します。二酸化ジルコニウムやジルコンなどの鉱物から商業的に抽出され、シリカ、チタン鉄鉱、ルチルなどに混じって存在することが分かっています。高い可鍛性、延性、耐食性、耐熱性、耐酸性、耐アルカリ性、耐海水性、安定した化合物形成能など、さまざまな優れた性質を持っています。また、パイプ、配管継手、熱交換器、合金鋼、着色釉薬、レンガ、セラミックス、研磨剤、ランプフィラメント、人工宝石の製造によく使用されています。

市場の動向

世界的な原子力発電産業の著しい成長が、市場成長の主な要因の一つとなっています。ジルコニウムは、高い構造強度や低い中性子吸収率などの特性から、燃料棒のクラッドや外装に使用されています。これに伴い、閃光弾、外科用器具、爆薬のプライマー、レーヨン糸巻きなどの製造にジルコニウム合金が広く採用されています。また、有機および無機の砂結合剤と結合する能力、低熱膨張、低酸性特性により、最新の磁器タイルの製造にも使用されています。さらに、航空および自動車用保護コーティング剤における製品導入の増加も、市場成長要因として作用しています。ジルコニウムは、高温に長時間さらされる金属表面を保護するため、エキゾーストマニホールド、シリンダーヘッド、ピストンなどのエンジン部品に最適です。その他、スチール製歯科インプラントからジルコニウム合金への置き換えや、広範な研究開発活動などが、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分 

世界のジルコニウム市場は、発生タイプ、形態、最終用途に基づいて分類されています。

発生タイプ別の市場区分

・ジルコン

・ジルコニア

・その他

形態別の市場区分

・結晶

・粉体

最終用途別の市場区分

・セラミックス

・化学

・鋳造

・耐火物

・その他

市場の競合状況

世界のジルコニウム市場における主要な企業としては、Alkane Resources Ltd., Base Resources Limited, Doral Mineral Sands Pty Ltd. (Iwatani Corporation), Eramet SA, Iluka Resources Limited, Kenmare Resources Plc, Rio Tinto Group, Saint-Gobain ZirPro, Tosoh Corporation, Tronox Holdings Plcなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]