電子情報開示市場、2027年までに185億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の電子情報開示市場は、2021年に114億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.49%のCAGRで成長し、2027年までに185億米ドル規模に達すると予測されています。

電子情報開示(eDiscovery)とは、法的調査に使用される電子的に保存された情報(ESI)を認識、収集、提示するプロセスを指します。ESIとは、電子メール、文書、プレゼンテーション、データベース、ボイスメール、ソーシャルメディアのデータ、音声・動画ファイルなどを調査することです。また、犯罪科学調査員が隠れた証拠を追跡するために確認する生データやメタデータも含まれます。これらの証拠は、様々なサイバーフォレンジック手法を用いて抽出・分析され、デジタル形式に変換されて法廷に提出されます。また、パターンを特定し、分析調査を行うことで、法律、憲法、政治、プライバシーなどの問題を調査することができます。

市場の動向

急速なデジタル化と、IoT(Internet of Things)対応機器の利用の増加は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。IoTやクラウドコンピューティングシステムの普及により、デジタルデータの生成が大幅に強化されたことで、情報の痕跡にアクセスして復元するための電子情報開示ソリューションの需要が高まっています。また、様々な政府機関がコンプライアンス、翻訳、データセキュリティを強化するためにこれらのシステムを広く利用していることも、市場の成長を後押ししています。現在、訴訟は主に、電子情報開示ソリューションを使って取得した大量の電子データに基づいて行われています。法曹界や政府機関が先進技術を導入して業務を合理化し、運用コストを最小限に抑えることに注力していることが、市場の成長にプラスの影響を与えています。その他、電子的に保存された情報量の増加や、マネーロンダリングや脱税などの重大犯罪の増加などの要因が、市場をさらに押し上げると予想されています。

主要な市場区分

世界の電子情報開示市場は、コンポーネント、導入形態、エンドユーザー、業界、地域に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・サービス

・ソフトウェア

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

・ハイブリッド

エンドユーザー別の市場区分

・政府・連邦機関

・法曹・規制当局

・企業

業界別の市場区分

・BFSI

・小売・消費財

・製造業

・法律関連

・IT・通信

・官公庁

・エネルギー・公益事業

・ヘルスケア・ライフサイエンス

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の電子情報開示市場における主要な企業としては、Accessdata Group Inc.、Commvault Systems Inc.、Conduent Incorporated、Driven Inc. (Xplenty)、Fronteo Inc. (旧UBIC)、FTI Consulting、International Business Machines Corporation、Logikcull、Micro Focus International Plc、Nuix Pty Ltd. (Macquarie Group)、Opener’s Pty Ltd. (Macquarie Group)、Open Text Corporation、Veritas Technologies LLC (The Carlyle Group)、ZyLAB Technologiesなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]