アイメイク市場、2027年に214億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のアイメイク市場は、2021年に156億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.3%のCAGRで成長し、2027年には214億米ドル規模に達すると予測されています。

アイメイクとは、目の外観を強調するために使用される製品を指します。これらの製品には、アイシャドウ、アイライナー、マスカラなどがあり、水、乳化剤、防腐剤、増粘剤、保湿剤、香料などが配合されています。アイメイク製品は、繊細な色から大胆な色まで、さまざまなカラーバリエーションがあり、長持ちするのが特徴です。さらに、防水性製品やミネラルベースの製品に対する消費者の需要が、市場の大きな発展につながっています。

市場の成長要因

ここ数年、一人当たりの所得が増加し、個人が外見を重視するようになったことが市場の成長を推進してきました。しかし、コロナウイルス感染症(COVID-19)の突然の発生により、多くの国の政府が完全なロックダウンを実施したため、サプライチェーンが混乱しています。これに伴い、eコマースチャネルが、個人にとって便利で手間のかからないショッピングソリューションとして拡大しています。COVID-19の流行により消費者の可処分所得は減少しましたが、美容・パーソナルケア製品の売上は近い将来改善すると予測されます。このため、いくつかの小売ブランドは、eコマースチャネルでの存在感を強め、価格帯や製品コレクションの多様性を提供することに注力しています。さらに、男性の間で化粧品の人気が高まっていることや、ソーシャルメディアの影響力が高まっていることから、業界のいくつかのメーカーは、男性専用の眉ジェルなどのアイメイク製品を提供し、消費者層の拡大を図っています。その他、自然派化粧品やオーガニック化粧品、ハラル認証を受けた化粧品も登場しています。

主要な市場区分

世界のアイメイク市場は、製品タイプ、流通チャネル、価格、ソースに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・マスカラ

・アイシャドウ

・アイライナー

・アイペンシル

・アイブロウジェル

・その他

流通チャネル別の市場区分

・ハイパーマーケット・スーパーマーケット

・専門店

・コンビニエンスストア

・オンラインストア

・その他

価格別の市場区分

・低・中価格

・プレミアム価格

ソース別の市場区分

・ケミカル

・天然

・オーガニック

・ハラル

・その他

市場の競合状況

世界のアイメイク市場における主要な企業としては、アムウェイ、エイボン・プロダクツ、シャネル、カラーバー・コスメティックス、ラクメ・コスメティックス(ヒンドスタン・ユニリーバ)、ロレアル、LVMH、オリフラメ・コスメティックス、レブロン、資生堂、エスティローダー、プロクター・アンド・ギャンブルなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]