スマートグリッドセキュリティ市場、2027年までに143億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のスマートグリッドセキュリティ市場は、2021年に71億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は12.3%のCAGRで成長し、2027年までに143億米ドル規模に達すると予測されています。

スマートグリッドセキュリティとは、スマート電力網、通信、情報技術(IT)システムのセキュリティを確保するための様々なソリューションやサービスを指します。これにより、グリッド全体で、効率的で信頼性が高く、費用対効果の高い、クリーンなエネルギーの分配が行われるようになります。スマートグリッドは、高度なコンポーネントや制御方法、統合された通信システムと、測定やセンシングのための改良されたインターフェースで構成されています。また、ウイルス対策、マルウェア対策、ファイアウォール、アイデンティティ・アクセス管理(IAM)、暗号化、侵入検知、データ損失防止(DLP)システムなど、さまざまな技術的ソリューションを採用しています。さらに、スマートグリッドのセキュリティを効率的に確保するために、産業用制御システム(ICS)、高度な計測インフラ、家庭用エネルギー管理システムなど、さまざまなサブシステムが使用されています。

市場の成長要因

先進国と発展途上国の両方で電力需要と発電量が増加していることと、サイバー攻撃が増加していることが、現在、市場成長の主な要因となっています。そのため、通信とスマートグリッドの展開を保護するために、スマートグリッドセキュリティシステムの導入が広がっています。また、さまざまな産業分野でクラウドやウェブベースのアプリケーションの利用が増えていることも、市場の成長を後押ししています。消費者は、ホームエリアネットワーク(HAN)を保護し、データのプライバシーと保護を確保するために、これらのセキュリティソリューションを接続機器に導入しています。さらに、SCADA(Supervisory Control and Data Acquisition)システムとIoT(Internet of Things)の統合など、さまざまな技術的進歩が市場にプラスの展望をもたらしています。その他、急速な都市化の進展や、スマートグリッド技術による電力部門のデジタル化に向けた政府の積極的な取り組みなども、市場をさらに押し上げる要因になると考えられます。

主要な市場区分

世界のスマートグリッドセキュリティ市場は、コンポーネント、サブシステム、展開タイプ、セキュリティタイプ、地域に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のスマートグリッドセキュリティ市場における主要な企業としては、AlertEnterprise Inc., BAE Systems, Broadcom Inc., Cisco Systems Inc., Honeywell International Inc., International Business Machines Corporation, Leidos, Lockheed Martin Corporation, N-Dimension Solutions Inc. (IPKeys Power Partners LLC), Siemens Aktiengesellschaft, Sophos Ltd. (Thoma Bravo LLC) などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]