遠隔患者モニタリング市場、2027年までに27億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の遠隔患者モニタリング市場は、2021年に11億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は16.1%のCAGRで成長し、2027年までに27億米ドル規模に達すると予測されています。

世界の遠隔患者モニタリング(RPM)は、デジタル技術を利用して医療環境の外で患者に関する医療データやその他のデータを収集する遠隔医療のサブセットです。このデータは一般的に、体重、血圧、血糖値、血中酸素濃度、心拍数、心電図から構成されており、遠隔医療コンピューターシステムとコンピューター、スマートフォン、タブレットにインストール可能なソフトウェアを使用して医療提供者に送信されます。RPMは、医療従事者が世界中のどこからでも患者の状態を把握し、治療の質を向上させることを支援します。

市場の動向

RPM市場の成長を促進する要因の一つとして、コロナウイルス(COVID-19)の大流行があります。このウイルスは感染力が非常に強いため、世界中の医療従事者は、COVID-19の症状が軽い患者をモニタリングし、病院での治療をタイムリーに行うためにRPMサービスを利用しています。これにより、病院のリソースを既存の患者やより重症の患者の治療に充てることができるようになります。また、心血管疾患の有病率の上昇と、慢性疾患にかかりやすい高齢者人口の増加が、RPM市場の成長を促進するもう一つの重要な要因となっています。さらに、医療インフラの改善やワイヤレス技術の急速な進歩、スマートフォンの普及に伴い、医療サービスがクリニック中心からRPMのような患者中心の提供モデルへと移行しつつあります。このため、世界中でRPMシステムの需要が高まっています。このほか、複数の主要企業が、患者と医療従事者の間でリアルタイムのビデオ通話を可能にするRPMを提供しています。また、これらの企業は製品のイノベーションを導入しており、今後数年間は市場を牽引すると予測されています。例えば、米国の医療機器メーカーであるDexcom社は、グルコースレベルを測定する小型センサーで、送信機を通じて表示装置にデータを無線送信するG6 CGMデバイスをリリースしました。

主要な市場区分

世界の遠隔患者モニタリング市場は、デバイスタイプ、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

デバイスタイプ別の市場区分

・血圧モニター

・グルコースモニター

・心拍数モニター

・パルスオキシメーター

・呼吸モニター

・その他

アプリケーション別の市場区分

・がん治療

・循環器系疾患の治療およびモニタリング

・糖尿病治療

・睡眠障害治療

・体重管理およびフィットネスモニタリング

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院・診療所

・ホームケア

・その他

市場の競合状況

世界の遠隔患者モニタリング市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories, AMD Global Telemedicine Inc., BIOTRONIK SE & Co. KG, Boston Scientific Corporation, Dexcom, Inc., GE Healthcare Inc. (Danaher Corporation), Honeywell International Inc., Koninklijke Philips N.V., Medtronic Inc., Nihon Kohden Corporation, OSI Systems Inc., Roche Holding AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]