Bluetoothスピーカー市場、2027年までに304億米ドル規模到達見込み

市場の概要

Bluetoothスピーカーの世界市場は、2021年に101億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は19.1%のCAGRで成長し、2027年までに304億米ドル規模に達すると予測されています。

Bluetoothスピーカーは、高い互換性、手間のかからないメンテナンス、最適な機能と耐久性、最小限のスペース要件と屋外アプリケーションの利便性など、従来の有線スピーカーに比べていくつかの利点があります。これらの利点により、携帯型および固定型のBluetoothスピーカーは、スマートフォン、タブレット、ラップトップなどとのデバイス間接続で、住宅と商業の両方の目的で使用されています。

市場の動向

他の家庭用電化製品との高い製品互換性と相まって、ミレニアム世代の間でBluetoothスピーカーの人気が高まっていることが、市場の成長を促進しています。また、スマートフォンの普及が進み、ビデオやオーディオのストリーミングアプリケーションが流入するようになったことも、世界レベルでの製品需要をさらに増大させました。さらに、有線デバイスではなく、より軽量でポータブル、コンパクトなスピーカーに対する消費者の志向の変化が、Bluetoothスピーカーの需要を促進しています。加えて、オーディオ・メディア業界におけるBluetoothの利用拡大や、アウトドア用途の低メンテナンス・バッテリー駆動デバイスへのニーズの高まりも、製品需要を拡大しています。また、車載インフォテインメントシステム、ハンズフリー通話、音声制御システム、ホームシアターなどとのBluetoothスピーカーの急速な統合も、世界市場の成長に寄与しています。さらに、消費者の生活水準の向上と可処分所得の増加により、特に新興国全体でBluetoothスピーカーなどの高度な家電製品の利用が増加しています。一方、スマートホームの出現とIoT(Internet-of-Things)ベースのデバイスの急速な流入は、先進国全体での製品需要にも拍車をかけています。また、さまざまな技術の進歩により、AlexaやEchoなどのAIベースのデバイスが登場し、市場の成長を後押ししています。さらに、いくつかの研究開発活動への投資の高まりとともに、オーディオベース技術とワイヤレス接続の急速な統合が、さまざまな製品のイノベーションにつながっています。複数のメーカーが、製品ポートフォリオを拡大し、多くの消費者層を惹きつけるために、多数の製品をリリースしています。

主要な市場区分 

Bluetoothスピーカーの世界市場は、ポータビリティ、タイプ、価格、流通チャネルに基づいて分類されています。 

ポータビリティ別の市場区分

・携帯式

・固定式

タイプ別の市場区分

・スマート型

・従来型

価格別の市場区分

・低価格

・中価格

・高価格

流通チャネル別の市場区分

・専門店

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・百貨店

・オンライン

・その他

市場の競合状況

Bluetoothスピーカーの世界市場における主要な企業としては、Bose Corporation、Edifier International Limited、Harman International Industries、LG Corporation、Panasonic Corporation、Polk Audio、Samsung、Sennheiser Electronic GmbH & Co.KG、Sony Corporation、boAtなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]