EMIシールド市場、2027年までに88億4千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のEMIシールド市場は、2021年に66億9千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.9%のCAGRで成長し、2027年までに88億4千万米ドル規模に達すると予測されています。

EMI(電磁妨害)シールドは、RFI(無線周波数干渉)が敏感な機械装置に損傷を与えるのを防ぐプロセスを指します。これは、銅、アルミニウム、ステンレス鋼を使用して作られた導電性コーティング、金属、ラミネートによるスクリーニングを含み、空気中を伝わるEMIを吸収するものです。また、導電性材料や磁性材料の障壁を使用して物理的な空間内の電磁界を妨害し、腐食や酸化を最小限に抑えることができます。このため、自動車、防衛、軍事、航空宇宙、ヘルスケア、通信、情報技術(IT)など、さまざまな産業で幅広く利用されています。

市場の動向

急激な工業化が市場の成長を促す要因の一つとなっています。また、家庭用電化製品におけるEMIシールドの普及も市場成長の追い風となっています。これに伴い、製品メーカーは、スマートフォンや通信機器、医療機器、軍事機器などの非金属表面やプラスチックにEMIシールドを提供する導電性塗料やコーティング剤を使用しています。これとは別に、自動車産業の著しい成長も市場の成長に好影響を与えています。EMIシールドは、この業界でGPSナビゲーションやインフォテインメントシステム、ハンズフリー機能、Bluetooth機器などに幅広く使用されており、EMIを最小限に抑え、機器の性能を最適化するのに役立っています。その他、4Gおよび5Gネットワーク技術のさまざまな進歩、環境中の電磁波を最小限に抑えるための有利な政府政策の実施などが、市場成長をさらに加速すると予測されています。

主要な市場区分

世界のEMIシールド市場は、素材、シールド方法、最終用途産業に基づいて分類されています。 

素材別の市場区分

・電磁波シールドテープ・積層板

・導電性塗料・コーティング

・金属シールド

・導電性ポリマー

・EMI/EMCフィルター

・その他

シールド方法別の市場区分

・放射

・導電

最終用途産業別の市場区分

家電

・スマートフォン

・タブレット端末

・テレビ

・その他

通信・IT

自動車

ヘルスケア

防衛・航空宇宙

その他

市場の競合状況

世界のEMIシールド市場における主要な企業としては、3M Company, Parker Chomerics (Parker Hannifin Corporation), Dow Inc., ETS-Lindgren (ESCO Technologies Holding Inc.), Henkel AG & Co. KGaA, Kitagawa Industries (Nitto Kogyo Corporation), Laird Technologies Inc. (Advent International), Leader Tech Inc. (HEICO Corporation), PPG Industries, RTP Company (Miller Waste Mills Inc.), Schaffner Holding AG, Tech-Etch Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]