スマート水道メーター市場、2027年までに120億1千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のスマート水道メーター市場は、2021年に63億1千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.9%のCAGRで成長し、2027年までに120億1千万米ドル規模に達すると予測されています。

急速な都市化と世界人口の増加により、世界中で水の需要が増加しています。その結果、従来使われていたアナログの水道メーターは、徐々にスマート水道メーターに置き換わってきています。これは、水道水の消費量に関する情報を個人や行政にリアルタイムで提供することができるためです。また、スマート水道メーターは、人件費の削減、水の正確な使用量の把握、盗難の検知など、より正確な請求に役立っています。さらに、水道事業者は、消費者の使用状況を監視し、季節や時間帯に応じて料金を調整することができます。

市場の動向

現在、スマート水道メーターは、節水が可能なことから、世界中で需要が高まっています。また、スマート水道メーターは改ざんができないため、料金の滞納があった場合、水道局が遠隔操作で水道水の供給を停止することも可能です。さらに、各国の政府は、各家庭や企業にスマートメーターが設置されるよう、取り組みを進めています。加えて、スマート水道メーターの入手のしやすさ、モノのインターネット(IoT)ベースのデバイスの普及、世界的なスマートシティの発展なども、市場成長の要因となっています。さらに、スマート水道メーターのカバレッジと接続性を高めるLPWA(低電力広域)ネットワーク技術の開発は、今後数年間における市場の成長を強化すると予想されています。

主要な市場区分

スマート水道メーターの世界市場は、製品、メータータイプ、構成タイプ、コンポーネント、アプリケーションに基づいて分類されています。 

製品別の市場区分

・電磁波メーター

・超音波メーター

・電気機械式メーター

・その他

メータータイプ別の市場区分

・スマート温水メーター

・スマート冷水メーター

構成タイプ別の市場区分

・AMR(Automated Meter Reading:自動検針システム)

・AMI(Advanced Metering Infrastructure:高度計測インフラ)

コンポーネント別の市場区分

・メーター&アクセサリー

・ITソリューション

・通信システム

アプリケーション別の市場区分

・水道事業者

・商業

・産業

・住宅

市場の競合状況

世界のスマート水道メーター市場における主要な企業としては、Badger Meter、Kamstrup A/S、Diehl Stiftung & Co. KG、Landis+Gyr、Aclara Technologies LLC(Hubbell Incorporated)、Sensus(Xylem Inc.)、Itron Inc.、Zenner、Neptune Technology Group(Roper Technologies)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]