金属スタンピング市場、2027年までに2,500億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の金属スタンピング市場は、2021年に1,983億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3.5%のCAGRで成長し、2027年までに2,500億米ドル規模に達すると予測されています。

金属スタンピングは、平らな金属板をコイルまたはブランクの形でプレスに入れることによって特定の形状に変換するために使用される複雑な製造プロセスです。これは、ブランキング、パンチング、曲げ、ピアス、コイニング、エンボス、フランジングなど、数多くの金属成形技術を使用して行うことができます。金属スタンピング加工は、同一の金属部品を大量に、しかも低コストで生産することができます。近年、複数の企業が研究開発(R&D)活動に多額の投資を行い、農業機械の製造に自動金属スタンピング加工技術を導入しています。

金属スタンピングの世界市場動向

1.数多くの利点

金属スタンピング金型は、他のプロセスで使用される金型に比べて、維持および製造コストが比較的低く抑えられます。また、メッキや洗浄などの二次的コストも、他の金属加工工程における同様の処理に比べ安価です。このほか、プレス機械における高度な自動化とハイエンドのコンュータ制御プログラムの採用が、金属スタンピングの主な市場動向を表しています。現在、ほとんどの製造工場では、ブランキングの全工程が自動化され、コンピューターで監視されています。データは中央サーバーで利用でき、オペレーターが重要な状況下で必要な判断を下すのに役立ちます。従来から使用されている金属成形プロセスとは異なり、これらの機械は生産性を向上させ、コストを下げ、同一の金属部品を一度に大量に作成できるようになりました。

2.多様化するアプリケーション

製品の安定性、耐久性、品質を向上させるために、様々な産業で曲げ加工が広く採用されていることは、世界の金属スタンピング市場の成長を促す主要な要因となっています。金属スタンピングは、航空宇宙産業において、超軽量航空機に使用されるフレームやチャンネルを製造するために広く利用されています。家電製品では、携帯電話、ヘッドフォン、スピーカー、ゲームパッド、コントローラーに使用される金属フレームの製造に金属スタンピングが使用されています。これとは別に、電気自動車やハイブリッド車の需要の増加に伴い、ホットスタンピング技術の採用が大幅に増加しています。金属スタンピングは、自動車産業において、シートメタルを車体パネルや各種家電部品などの外装・内装部品に変換するために広く導入されています。さらに、中国、日本、インドなどの主要な自動車産業拠点における新しい生産設備への投資の増加も、今後数年間におけるモータースタンピング部品の需要を拡大させると予想されています。

3.先端技術の出現

先進高強度鋼(AHSS)などの新材料の開発は、従来の材料よりも金型とブランクの界面で高い接触圧力を発生させるシートメタルスタンピングに採用され、金属スタンピングの需要を増加させています。また、大手金属スタンピング企業は、高精度かつ正確なコンピューター生成図面によって金属部品を成形できるコンピューター支援設計(CAD)プロセスなど、技術的に高度なプレス加工方法を開発しています。また、加工時間を大幅に短縮するデジタル測定システムも活用されています。さらに、3Dプリント技術や積層造形の導入、広範な研究開発(R&D)活動も、市場の成長に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]