ワイヤレス送電市場、2027年までに530億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のワイヤレス送電市場は、2021年に106億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は30.5%のCAGRで成長し、2027年までに530億米ドル規模に達すると予測されています。

ワイヤレス送電(WPT)とは、相互に接続するワイヤを使用せずに、電力源から機器に電気エネルギーを伝送する技術を指します。主にマイクロ波、太陽電池、磁気共鳴を利用して、送電コイルと受電コイルのセットでエネルギーを伝達します。この技術は、携帯電話、タブレット端末、自動車、ドローン、輸送機器、宇宙空間のソーラーパネルアレイなどの充電によく使用されています。電線やバッテリーを使用しないため、信頼性、機動性、利便性が向上します。このため、家電、自動車、ロボット、暖房・換気、工業技術など、さまざまな産業で幅広い用途があります。

市場の動向

急速な工業化と世界的な家電製品の需要増が、市場の成長を促す重要な要因となっています。スマートフォン、ノートパソコン、ポータブルMP3プレーヤー、デジタルカメラなどの有線充電システムの効果的な代替手段として、消費者の間でWPT技術の採用が広がっています。また、ロボットやドローンを操作するための技術として利用が拡大していることも、市場の成長に拍車をかけています。さらに、効率的な充電システムに対する需要の高まりも、市場を後押ししています。例えば、インモーション(動的)およびインダクティブWPT充電システムを搭載した電気自動車(EV)は、より小さなバッテリーで機能するため、運用コストと二酸化炭素排出量を最小限に抑えることができます。その他、効率的で信頼性の高い配電システムの需要増加や、WPTベースのスマートグリッドの採用により、スマートメーターや家電製品、その他の機器におけるWPTシステムの利用が促進されていることなどが、市場の成長をさらに加速すると予測されています。

主要な市場区分

世界のワイヤレス送電市場は、タイプ、技術、実装、レシーバー用途、最終用途産業に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・バッテリー有り

・バッテリー無し

技術別の市場区分

近距離技術

・誘導型

・磁気共鳴

・静電容量結合/伝導

遠距離技術

・マイクロ波/RF

・レーザー/赤外

実装別の市場区分

・アフターマーケット

・統合

レシーバー用途別の市場区分

・スマートフォン

・タブレット

・ウェアラブルエレクトロニクス

・ノートPC

・電気自動車

・ロボット

・その他

最終用途産業別の市場区分

・家電

・自動車

・ヘルスケア

・防衛

・発電

・その他

市場の競合状況

世界のワイヤレス送電市場における主要な企業としては、Energous Corporation, Humavox Ltd., Integrated Device Technology Inc. (Renesas Electronics Corporation), Leggett & Platt, Murata Manufacturing Co. Ltd., NuCurrent Inc., MothersonOssia, Qualcomm Incorporated, Samsung Electronics, TDK Corporation, Texas Instruments, Wi-Charge Ltd., WiTricity Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]