膜分離活性汚泥法(MBR)市場、2027年までに58億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の膜分離活性汚泥法(MBR)市場は、2021年に33億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は10.31%のCAGRで成長し、2027年までに58億米ドル規模に達すると予測されています。

膜分離活性汚泥法(MBR)は、主に工業廃水や都市廃水の処理に使用されます。これは、精密ろ過(MF)や限外ろ過(UF)などのパーマ選択性または半透過性の膜プロセスと、懸濁成長型バイオリアクターが統合されたものです。MBRシステムには、真空または重力駆動型と圧力駆動型があり、最も一般的に使用されているのは、真空または重力駆動型です。これらは、浮遊物を確実に保持し、汚泥濃縮から沈殿物を分離します。従来から使用されている方法と比較すると、バイオマス保持の制御、排水品質の向上、最小限のカーボンフットプリント、クリプトスポリジウムやジアルジアなどの病原体に対する有効性などの特徴があります。

市場の動向

世界のMBR市場は、世界中で水処理ソリューションの需要が拡大していることが主な成長要因となっています。これは、淡水資源の減少や、化学物質を含まない安全な飲料水に対する住宅分野での需要が着実に増加していることに起因しています。また、効率的な衛生管理や廃水処理に関する環境意識の高まりも、市場の成長に拍車をかけています。住宅、商業施設、工業施設などでは廃水の発生が大幅に増加しており、現在ではMBRで処理されています。さらに、浸漬型MBRの開発も市場成長の促進要因となっています。これらのシステムは、コストとエネルギー効率が高く、コンパクトで軽量であり、膜の周囲に接線方向の液流を発生させるために曝気を行うことができます。このほか、化学、製薬、電力、食品・飲料、繊維など、あらゆる産業分野で環境にやさしい水・排水管理技術の利用が拡大していることも、市場の成長に寄与しています。その他、急速な工業化や、既存の廃水処理プラントをMBRでアップグレードするための有利な政府政策の実施なども、市場をさらに押し上げると予測されています。

主要な市場区分

世界の膜分離活性汚泥法市場は、システム構成、膜タイプ、アプリケーションに基づいて分類されています。 

システム構成別の市場区分

・サブマージ

・サイドストリーム

膜タイプ別の市場区分

・中空糸

・フラットシート

・多管状

・その他

アプリケーション別の市場区分

・一般廃棄物処理

・産業廃棄物処理

・その他

市場の競合状況

世界の膜分離活性汚泥法市場における主要な企業としては、ADI Systems, Alfa Laval, Aquatech International Corporation, Asahi Kasei, Bioprocessh2o LLC, Culligan, Evoqua Water Technologies LLC, GE Water & Process Technologies, GLV Groups, Huber SE, Koch Membrane Systems Inc., Kubota Corporation, Mitsubishi Rayon Co. Ltd., Suez, Toray Industries Inc., CITIC Envirotech Ltd., Veolia Water, Wehrleなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]