臓器保存市場、2027年までに2億4,260万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の臓器保存市場は、2021年に1億6,350万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.8%のCAGRで成長し、2027年までに2億4,260万米ドル規模に達すると予測されています。

臓器保存は、ドナーの体内から採取した健康な臓器を保存するプロセスを指します。このプロセスでは、ドナーの体内から臓器を取り出し、輸送のために保管した後、大きな損傷を与えることなくレシーバーの体内へ移植することが行われます。腎臓、肝臓、肺、心臓などの臓器の温度と酸素濃度を維持するために、低体温マシン灌流、静的低温保存(SCS)、常温マシン灌流(NMP)など、さまざまな技術を利用します。使用される保存技術とソリューションは、ドナー臓器の品質保持に不可欠であり、移植後の患者の罹患率と生存率に直接影響します。

市場の動向

慢性疾患の増加や世界的な老年人口の増加が、市場の成長を促進する主な要因の一つとなっています。糖尿病、心血管障害(CVD)、肥満、その他の深刻な病状による臓器不全が頻繁に発生するため、臓器保存の需要が高まっています。臓器保存のためのNMPのような革新的で高度な技術の出現は、市場成長を促す要因として作用しています。このような技術は、移植時の再灌流障害の確率を減少させるのに役立ち、臨床および実験的研究のための低温保存において改善された結果を示しています。また、臓器提供を促進するための政府・非政府の政策やイニシアティブの増加が、市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、移植や研究目的のために臓器提供を志願する個人の数が増加していることも、市場をさらに牽引しています。その他、研究開発(R&D)の強化や臓器保存インフラの大幅な進歩などの要因も、市場の成長に大きく貢献すると予測されています。

主要な市場区分

世界の臓器保存市場は、保存ソリューション、臓器提供の種類、技術、臓器、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

保存ソリューション別の市場区分

・UWソリューション

・カストディオールHTK

・パーファデックス

・その他

臓器提供の種類別の市場区分

・生体臓器提供

・死亡臓器提供

技術別の市場区分

・静的低温保存技術

・低体温マシン灌流

・常温機械灌流

・その他

臓器別の市場区分

・腎臓

・肝臓

・肺

・心臓

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院・診療所

・臓器バンク

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・中南米

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

世界の臓器保存市場における主要な企業としては、21st Century Medicine, Biolife Solutions, Bridge to Life Ltd., Bristol-Myers Squibb, Dr. Franz Köhler Chemie GmbH, Essential Pharmaceuticals., Lifeline Scientific, OrganOx, Paragonix Technologies, TransMedics, Waters Medical Systems, Xvivo Perfusionなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]