実験用遠心分離機市場、2027年までに20億7,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の実験用遠心分離機市場は、2021年に15億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.5%のCAGRで成長し、2027年までに20億7,000万米ドル規模に達すると予測されています。

実験用遠心分離機は、溶液中で分子を高速回転させ、密度を変化させて分離するために使用されるモーター駆動の装置です。この装置は求心加速度の原理を利用して、より密度の高い分子を分離し、容器の端に移動させます。遠心分離機は、病院や診断センターで、タンパク質、ウイルス、ポリマーの研究、DNA/RNA分離、血液分画、細胞培養分離によく使用されています。また、検体の前処理、異物検査、創薬などにも利用されています。現在、遠心分離機の主な種類としては、ミニ遠心分離機、卓上型遠心分離機、微量遠心分離機などがあります。

市場の動向

バイオテクノロジーやライフサイエンス分野の進歩とともに、慢性疾患の蔓延が進んでいることが、市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。遠心分離機は、血液成分から病原体を分離する分子診断学に広く利用されています。これにより、マラリア、結核、HIV-AIDS などの病気を引き起こすウイルスの性質を理解することができます。また、技術的に高度な製品バリエーションの開発とモノのインターネット(IoT)との統合も、市場の成長を促進する要因の一つとなっています。これらの装置には、自動電気ブレーキ、速度制御機構、遠隔監視機能などが搭載され、運用効率が向上しています。さらに、世界中の血液銀行やバイオ医薬品企業は、サンプルの調製、細胞の採取、溶液の精密ろ過、薬剤の大量生産に大容量の遠心分離機を使用しています。このほか、血液学の自動化の進展や広範な研究開発(R&D)などの要因が、市場をさらに牽引すると予測されています。

主要な市場区分

世界の実験用遠心分離機市場は、製品タイプ、機種、ローターデザイン、使用目的、用途、エンドユーザーに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

装置

・多目的遠心分離機

・微量遠心分離機

・超遠心分離機

・ミニ遠心分離機

・その他

付属品

・ローター

・チューブ

・遠心分離機用ボトル

・バケツ

・プレート

・その他

機種別の市場区分

・卓上型遠心分離機

・床置き型遠心分離機

ローターデザイン別の市場区分

・固定角型ローター

スイングバケットローター

・縦型ローター

・その他

使用目的別の市場区分

・一般用遠心分離機

・臨床用遠心分離機

・前臨床用遠心分離機

用途別の市場区分

・診断分野

・微生物学

・セロミクス

・ゲノミクス

・プロテオミクス

・血液成分分離

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・バイオ・製薬会社

・学術・研究機関

市場の競合状況

世界の実験用遠心分離機市場における主要な企業としては、Andreas Hettich GmbH & Co. KG、Becton、Danaher Corporation、Eppendorf AG、GTCR LLC、HERMLE Labortechnik、Koki Holdings Co. Ltd., Kubota Corporation, NuAire, QIAGEN N.V., Sanofi Pasteur, Sartorius, Sigma Laborzentrifugen GmbH, Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]