次世代シーケンシング(NGS)市場、2027年までに402億5千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の次世代シーケンシング(NGS)市場は、2021年に138億2千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は19.5%のCAGRで成長し、2027年までに402億5千万米ドル規模に達すると予測されています。

次世代シーケンシング、またはハイスループットシーケンシングとは、DNAの一部分におけるヌクレオチドの配列を決定するプロセスを指します。合成によるシーケンシング(SBS)、イオン半導体シーケンシング、ナノポアシーケンシング、単一分子リアルタイム(SMRT)シーケンシングなどの手順が含まれます。高い精度とスピードで正確な結果を得られる、費用対効果の高いソリューションです。これにより、何百万ものDNA分子を同時に解析することが可能になり、個別化医療や遺伝子医薬、農業や動物研究、臨床診断の分野での研究が促進されます。

市場の動向

癌などの慢性疾患の増加や、医療科学分野における様々な技術の進歩は、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。がん診断におけるリキッドバイオプシーの普及に伴い、NGS技術の利用が大幅に増加しています。これらの技術は、非侵襲的ながんバイオマーカーとして無細胞の循環腫瘍DNA(ctDNA)を利用し、リアルタイムでがんのモニタリングや検出を行うものです。また、さまざまな疾患の発症を予測するためのゲノムマッピングプログラムの採用が増加していることも、市場の成長に拍車をかけています。ゲノムマップは、糖尿病、心臓病、喘息、がん、精神疾患の有病率を高める原因となっている遺伝子を分析するためのガイダンスとして、科学者に使用されています。さらに、さまざまな技術の進歩や、データ管理を改善するためのクラウドコンピューティングシステムとの統合が、市場の成長にプラスの影響を及ぼしています。その他、NGSシステムのコスト低下や、シーケンシング化学、分子生物学、技術工学の分野における広範な研究開発(R&D)活動などが、世界の次世代シーケンシング市場をさらに牽引すると予測されています。

主要な市場区分

世界の次世代シーケンシング市場は、シーケンシングタイプ、製品タイプ、テクノロジー、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

シーケンシングタイプ別の市場区分

・ホールゲノムシーケンシング

・ターゲットリシーケンシング

・ホールエクソームシーケンシング

・RNAシーケンシング

・CHIPシーケンシング

・デノボシーケンシング

・メチルシーケンシング

・その他

製品タイプ別の市場区分

・装置

・試薬・消耗品

・ソフトウェア・サービス

テクノロジー別の市場区分

・合成別シーケンシング

・イオン半導体シーケンシング

・1分子リアルタイムシーケンシングシステム

・ナノポアシーケンシング

・その他

アプリケーション別の市場区分

・バイオマーカー、がん

・創薬・個別化医療

・遺伝子スクリーニング

・診断薬

・農業・動物研究

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・学術機関・研究機関

・病院・診療所

・製薬・バイオテクノロジー企業

・その他

市場の競合状況

世界の次世代シーケンシング市場における主要な企業としては、Agilent Technologies、Becton Dickinson and Company、10x Genomics、BGI Group、Eurofins Scientific、F. Hoffmann-La Roche AG、Illumina Inc.、Genewiz、Macrogen、Oxford Nanopore Technologies、Pacific Biosciences、PerkinElmer、Thermo Fisher Scientific、Qiagen N.V., GenapSys Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]