貿易管理市場、2027年に15億6,400万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の貿易管理市場は、2021年に8億8,100万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は10.5%のCAGRで成長し、2027年には15億6,400万米ドル規模に達すると予測されています。

貿易管理とは、国境を越えた貿易活動や業務を一元化し、自動化するために組織を支援するコンピュータアプリケーションと関連サービスを指します。これは、セットアップの発見、割り当てサイズの決定、取引の開始と終了の計画および監視を含む貿易シーケンスをデジタルで実行します。また、出荷、注文、支払いに関する管理と透明性を提供し、貿易コンプライアンス、税関管理、ロジスティクスの監視のためのモジュールも含まれています。このような利便性により、貿易管理ソリューションは、小売・消費財、輸送・物流、製造、航空宇宙・防衛、ヘルスケアなど、さまざまな産業で幅広い用途を見出すことができます。

市場の動向

デジタル化の新たなトレンドは、世界中の急速な工業化とともに、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、手作業やバックオフィス業務の軽減、ビジネスプロセスや貿易活動の最適化を目的としたソフトウェアソリューションの導入が、トレーダーによって広く行われていることも、市場の成長に寄与しています。さらに、特に新興国において、輸出入管理のためのさまざまな物流インフラプロジェクトへの公共・民間投資の増加が、市場の成長を推進しています。加えて、サプライチェーンの俊敏性を向上させるとともに、作業時間の短縮や物流コストの削減を支援する技術的に高度なソリューションの開発も、市場成長を促進する要因の一つとなっています。これらのソフトウェアソリューションは、カスタマイズ可能なプロセス管理プラットフォームを提供し、スタッフがサプライチェーンネットワークのオペレーション全体を細かく管理することを可能にします。その他、国際貿易活動を促進する有利な政府政策の実施や、大規模な研究開発(R&D)などが、市場をさらに牽引すると予測されています。

主要な市場区分

世界の貿易管理市場は、コンポーネント、機能、導入形態、企業規模、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

機能別の市場区分

・貿易機能

・貿易コンプライアンス

・貿易金融

・貿易コンサルティング

・その他

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

企業規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

エンドユーザー別の市場区分

・小売・消費財

・輸送・ロジスティクス

・航空宇宙・防衛

・ヘルスケア

・製造業

・その他

市場の競合状況

世界の貿易管理市場における主要な企業としては、Amber Road Inc.、Integration Point Inc.、Livingston International Inc.、Oracle Corporation、QAD Inc.、QuestaWeb Inc.、SAP SEなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]