黒鉛電極市場、2027年までに84億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の黒鉛電極市場は、2021年に58億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.2%のCAGRで成長し、2027年までに84億米ドル規模に達すると予測されています。

黒鉛電極は、石油ニードルコークスとコールタールピッチでできた大きな円筒形の構造物です。電源からの電気エネルギーを伝導し、熱に変換して金属スクラップを溶かすのに使用されます。黒鉛は熱伝導率が高く、電気抵抗が小さいため、1600℃の熱を発生させることができます。主に製鉄や鉄合金の精錬に用いられる電気炉(EAF)や高炉(BOF)で使用されています。この電極は、高い熱放散に耐えることができ、高い電気伝導性と優れた機械的強度を持つ高品質の製品の製造に役立っています。

市場の動向

建設、自動車、インフラ、航空宇宙・防衛などの鉄鋼向け分野で黒鉛電極の需要が高まっていることが、市場を牽引する重要な要因となっています。石油・ガス分野では、油井やパイプラインの防錆製品の需要が高まっており、EAFの導入が増加し、黒鉛電極の需要拡大につながりました。さらに、超高出力黒鉛電極の需要が高まっていることも、市場成長を促すもう一つの要因です。黒鉛電極のうち、ウルトラハイパワー(UHP)タイプは高い熱伝導性と電気伝導性を持ち、スクラップを素早く溶かして鉄鋼を製造することができます。そのため、鉄鋼メーカーに非常に好まれ、今後数年間でその需要は大きく伸びると予想されています。

主要な市場区分

黒鉛電極の世界市場は、製品タイプおよび用途に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・ウルトラハイパワー(UHP)

・ハイパワー(HP)

・レギュラーパワー(RP)

用途別の市場区分

・電気アーク炉

・取鍋炉

・非鉄金属

市場の競合状況

黒鉛電極の世界市場における主要な企業としては、Energoprom Group, Fanda Carbon New Material Co. LTD, Graftech International, HEG Limited, Nantong Yangzi Carbon Co. Ltd, Graphite India, SHOWA DENKO, Beijing Great Wall Co., Ltd., Nippon Carbon Co Ltd., Ameri-Source Specialty Products, Tokai Carbon Co., Ltd, Schutzcarbonなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]