電解槽市場、2027年までに7億3,200万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の電解槽市場は、2021年に4億2,100万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.45%のCAGRで成長し、2027年までに7億3,200万米ドル規模に達すると予測されています。

電解槽は、再生可能資源や原子力資源を利用してカーボンフリーの水素を製造するための電気に依存したシステムです。ポンプ、ベント、貯蔵タンク、セパレーター、その他のコンポーネントで構成されています。環境に有害なガスを放出する化石燃料と比較して、ゼロエミッションで電気を生成できるため、最近では世界中で支持を集めています。現在では、輸送用コンテナに設置する小型の産業用プラントから、トラックで水素を配送できる大規模な集中生産設備まで、幅広いサイズと機能が提供されています。

市場の動向

個人の環境意識の高まりと、化石燃料の燃焼による有害な影響に対する意識の向上により、世界中でクリーン燃料の需要が大幅に増加しています。これは、自動車産業からの温室効果ガス(GHG)排出を抑制するために、多くの国の政府当局が実施する厳しい政策にも起因しています。また、水素燃料電池を搭載した電車、バス、トラック、その他の車両に電解槽を使用するケースも増えています。さらに、電気自動車(EV)の販売増が、水素充填ステーションと電解槽の需要を促進しています。加えて、鉄鋼業、板ガラス工場、半導体用途の産業用ガス供給にも使用されています。また、天然ガスグリッドの低炭素加熱や製油所での化石燃料からの硫黄除去にも利用されています。さらに、電解槽はメタノール、肥料、アンモニア、液体ジェット燃料などのグリーンケミカルの生産にも利用されています。このほか、風力発電やソーラーパネルの導入が増加していることから、市場関係者に有利な成長機会がもたらされると予測されています。

主要な市場区分

電解槽の世界市場は、製品、容量、用途に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・アルカリ電解槽

・PEM電解槽

・固体酸化物型電解槽

容量別の市場区分

・500kW未満

・500kW以上2MW未満

・2MW以上

用途別の市場区分

・発電

・運輸

・産業用エネルギー

・産業用原料

・建物の暖房と電力

・その他

市場の競合状況

電解槽の世界市場における主要な企業としては、Air Liquide S.A., Air Products and Chemicals Inc., Asahi Kasei Corporation, Cummins Inc., ITM Power plc, Linde plc, McPhy Energy S.A., Nel ASA, Plug Power Inc., Siemens AG, Titanium Tantalum Products Limited, Toshiba Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]