ハイドロゲル市場、2027年までに360億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のハイドロゲル市場は、2021年に247億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.0%のCAGRで成長し、2027年までに360億米ドル規模に達すると予測されています。

ハイドロゲルは、親水性高分子の3次元(3D)ネットワークで、溶けることなく大量の水を吸収・保持することができます。コラーゲン、絹フィブロイン、ヒアルロン酸、キトサン、アルギン酸などからなり、pH、温度、化学物質、光などのさまざまな刺激に反応しやすくなっています。柔軟性、汎用性、環境適応性、費用対効果に優れ、ほとんどの細胞と生体親和性があります。その結果、世界中の衛生、モニタリングドラッグデリバリー、薬物送達システム、マイクロ流体および変換、包装、石炭脱水、栄養、食品添加物において幅広い用途を見出すことができます。

市場の動向

ハイドロゲルは、既存の医療用医薬品の保存安定性を高めるために製薬業界で採用が拡大しており、市場成長の重要な要因の一つとなっています。また、傷口に潤いを与え、表皮の修復や余分な角質の除去、治癒過程の肉芽形成を助けるために創傷被覆材に含まれています。さらに、生理用品において、より薄いパッドでより高い吸収性を実現し、膨張圧や吸引力を高めるためにハイドロゲルの利用が拡大していることも、市場にプラスの影響を与えています。このほか、非政府組織(NGO)や各国政府は、月経衛生に関する意識を広めるために啓発プログラムを実施しています。これは、世界中でベビー用おむつ、生理用ナプキン、ペーパータオルの需要が高まっていることと相まって、市場の成長に寄与しています。加えて、世界中でコンタクトレンズ、バイオテクノロジー、農業でのハイドロゲルの使用量が増加していることも、市場の成長を促進しています。その他、乳幼児や老年人口の増加、新製品・高機能製品の開発に向けた研究開発の活発化、ヘルスケア産業の技術的進歩なども、市場の成長を後押しすると予測されています。

主要な市場区分

世界のハイドロゲル市場は、原材料の種類、形態、組成、用途に基づいて分類されています。

原材料の種類別の市場区分

・合成

・天然

・ハイブリッド

形態別の市場区分

・アモルファス

・半結晶

・結晶

組成別の市場区分

・ポリアクリル酸塩

・ポリアクリルアミド

・シリコン変性ハイドロゲル(SiH)

・その他

用途別の市場区分

・コンタクトレンズ

・パーソナルケア・衛生

・創傷ケア

・ドラッグデリバリー

・組織工学

・その他

市場の競合状況

世界のハイドロゲル市場における主要な企業としては、3M Company、Ashland Global Holdings Inc.、B. Braun Melsungen AG、Cardinal Health Inc.、Coloplast A/S、Essity AB、Evonik Industries AG、Hoya Corporation、Integra LifeSciences、Johnson & Johnson、Koninklijke DSM N.V.、Medline Industries Inc.、Medtronic plc、Smith & Nephew plc、The Cooper Companies Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]