水素エネルギー貯蔵市場、2027年までに252億5千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の水素エネルギー貯蔵市場は、2021年に167億3千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.60%のCAGRで成長し、2027年までに252億5千万米ドル規模に達すると予測されています。

水素エネルギー貯蔵(HES)は、エネルギー需要の低い時期に自然エネルギーによって生成された余剰エネルギーによる電力電解の利用を含むプロセスです。供給の信頼性を高め、二酸化炭素排出量と従来の石油燃料の消費量を削減するのに役立ちます。フォークリフトや空港用タグなどのマテリアルハンドリング機器(MHE)の燃料として、補助的なグリッドサービスや燃料を提供します。また、揚水発電(PSH)や圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES)と比較して、高い貯蔵容量があります。その結果、HESは圧縮ガス、極低温液体、疎結合水素化物として水素を貯蔵するために使用されています。

市場の動向

余剰電力利用を目的としたHESの需要が高まっていることが、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。また、家庭や企業、公共施設にクリーンで効率的、かつ信頼性の高いオフグリッド電力を供給するための定置電力への応用が増加しており、市場の成長を後押ししています。さらに、温室効果ガスを排出せず、環境に悪影響を与えないことから、燃料としての水素の採用が増加しています。また、電気自動車(EV)の燃料電池として水素の利用が拡大していることも、市場の成長に寄与しています。さらに、HESは電力網とガスパイプラインで構成されるエネルギー供給システムの回復力を高め、経済性を向上させるさまざまな機会を提供します。このことは、持続可能なエネルギー源の使用を奨励するために数か国の政府が課す厳しい規制と相まって、市場にプラスの影響を及ぼしています。その他、主要な市場参加者は、水素の生産効率を向上させるための強化された装置を開発するために、研究開発(R&D)活動に広く投資しています。

主要な市場区分

世界の水素エネルギー貯蔵市場は、製品タイプ、技術、用途、エンドユーザーに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・液体

・固体

・ガス

技術別の市場区分

・圧縮

・液化

・材料系

用途別の市場区分

・定置電力

・輸送

エンドユーザー別の市場区分

・産業

・商業

市場の競合状況

世界の水素エネルギー貯蔵市場における主要な企業としては、Air Liquide, Air Products Inc., Caterpillar Inc., Chart Industries Inc., Cummins Inc., H2go Power, Hexagon Composites ASA, ITM Power, Linde plc, McPhy Energy S.A., Plug Power Inc., Pragma Industriesなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]