トランスフェクション試薬・機器市場、2027年までに13億2,250万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のトランスフェクション試薬・機器市場は、2021年に8億2,420万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.70%のCAGRで成長し、2027年までに13億2,250万米ドル規模に達すると予測されています。

トランスフェクション試薬および機器は、in vitro および in vivo での真核細胞の遺伝子発現を調節するのに役立ちます。これにより、研究者は安定した細胞株を作成し、発現用の遺伝子挿入物を有するデオキシリボ核酸(DNA)プラスミドや低分子干渉RNA(siRNA)を導入することができます。現在、タンパク質合成、細胞の成長・発達、遺伝的機能の研究のための有効な分析ツールとして利用されています。また、トランスフェクション試薬・機器は、十分な量の組換えヒト治療用タンパク質をコスト効率よく迅速に生産できることから、rタンパク質、抗体、ワクチン用ウイルスベクターの生産にも利用されるようになっています。

市場の動向

コロナウイルス(COVID-19)発生と世界的な感染拡大により、多くの国の行政機関がワクチン接種の推進に注力しています。しかし、新種のウイルスが出現したため、これらのワクチンによる保護と免疫の効果は短期間なものとなっています。そのため、革新的な戦略を開発したり、既存の治療法を再利用したりして、ウイルス感染に対抗するためのトランスフェクション試薬・機器のニーズが高まっています。また、新しいがん変異体の迅速な検出と、精密医療および質の高い腫瘍学的治療に対する需要の高まりが、がん研究および医薬品開発におけるトランスフェクション試薬・機器の導入を促進しています。さらに、遺伝子の問題によって引き起こされる希少疾患の治療に遺伝子治療が施されるようになってきたことも、市場の成長を促しています。加えて、世界中で死亡交通事故が増加しているため、損傷した組織の機能的代替製品を開発するための組織工学の需要が大幅に増加しており、市場の成長を後押ししています。その他、トランスフェクション技術における最近の進歩や、製薬・バイオテクノロジー分野への投資の増加も、市場を牽引すると予想されています。

主要な市場区分

世界のトランスフェクション試薬・機器市場は、製品、技術、用途、エンドユーザーに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・試薬

・機器

技術別の市場区分

・生化学的トランスフェクション

・物理的トランスフェクション

・ウイルスベクタートランスフェクション

用途別の市場区分

・生物医学研究

・タンパク質産生

・治療提供

エンドユーザー別の市場区分

・製薬会社、バイオテクノロジー企業

・学術・研究機関

市場の競合状況

世界のトランスフェクション試薬・機器市場における主要な企業としては、Bio-Rad Laboratories Inc.、Lonza Group AG、MaxCyte Inc.、Merck KGaA、Mirus Bio LLC、OriGene Technologies Inc.、PerkinElmer Inc.、Polyplus-transfection SA、Promega Corporation、PromoCell GmbH、Qiagen N.V、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]