クローラーカメラシステム市場、2027年までに2億4,440万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のクローラーカメラシステム市場は、2021年に1億7,030万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.70%のCAGRで成長し、2027年までに2億4,440万米ドル規模に達すると予測されています。

クローラーカメラシステムとは、その可搬性、信頼性、堅牢性から、パイプラインや下水道システムでの検査の実施を支援する防水性のカメラです。遠隔操作、自走式で、厳しい気候条件にも耐えられるように設計されています。傾斜、ピッチ、直径の計算を含む排水の高品質なビデオと画像を提供します。また、長時間の作業でも快適に操作できるよう、ポータブル・コントロール・コンソールのグリップも備えています。このほか、地下パイプの漏水や破損を検知し、全区間を掘り返すことなく修理作業を行うことができるため、石油輸送パイプライン、ガス配給ネットワーク、埋め立てガス変換など、幅広い用途で活用されています。

市場の動向

クローラーカメラシステムは、排水システムの遠隔操作による検査でミスを最小限に抑えるため、自治体での利用が拡大しており、市場を牽引する主要な要因の一つとなっています。また、このシステムは、大きなオフセット下水道管、制限されたパイプ、突出したパイプテープなど、アクセスできない領域を探索することができます。これは、作業員の安全性を促進するために各国の政府当局が課す厳しい規制と相まって、市場の成長を推進しています。さらに、道路、歩道、屋根、建物から余分な水を除去するための洪水排水路の建設が増加しており、これが市場参加者に有利な成長機会を提供しています。これとは別に、廃水を安全に処理し、水の停滞を避けるために、住宅、商業施設、機関、公共スペースにおける下水システムの定期的なメンテナンスが市場にプラスの影響を及ぼしています。さらに、主要な市場参加者は、パイプの閉塞や劣化の潜在的なリスクを改善する高度なクローラーカメラシステムを提供するために、製品イノベーションに注力しています。これらの技術革新は、市場の成長を加速すると予測されています。

主要な市場区分

クローラーカメラシステムの世界市場は、コンポーネント、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ハードウェア

・ソフトウェア

・サービス

アプリケーション別の市場区分

・排水管検査

・パイプライン検査

・タンク、ボイド、電線管、キャビティ検査

エンドユーザー別の市場区分

・家庭

・地方自治体

・産業

・商業

市場の競合状況

クローラーカメラシステムの世界市場における主要な企業としては、AM Industrial (UK) Ltd.、CUES Inc.、Deep Trekker Inc. (SPX Corporation), Deep Trekker Inc., Eddyfi Technologies, Envirosight LLC, Halma plc, IDEX Corporation, Inspector Systems Rainer Hitzel GmbH, Kummert GmbH, Ratech Electronics, Rausch Electronics USA LLC, Subsite Electronics (The Toro Company) などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]