WiGig市場、2027年までに66億3千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のWiGig市場は、2021年に22億4千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は18.60%のCAGRで成長し、2027年までに66億3千万米ドル規模に達すると予測されています。

WiGig(ワイヤレスギガビット)は、携帯機器や家電製品など幅広い機器で使用されている、短距離の高速通信を行うための無線技術です。WiGigは、混雑した環境下での干渉を軽減し、容量の拡大や機器間の集中通信を可能にするというメリットがあります。また、Wi-Fi機器は混雑していない周波数帯域に広いチャンネルでアクセスし、毎秒数ギガビット(GB)の速度で効率よくデータを送信することができます。そのため、現在、ゲーム、マルチメディアストリーミング、パーソナルコンピュータ(PC)ドッキング、汎用ネットワーキング、ファイル転送、高速でデータ量の多い接続を必要とするエンタープライズアプリケーションで世界的に使用されています。

市場の動向

公衆無線LANは、デジタルデバイドの解消、モノのインターネット(IoT)ベースの都市サービスの実現、住民・学生・訪問者・観光客へのアメニティ提供など、さまざまなスマートシティの実現に貢献します。これは、多くの国の政府機関によるスマートシティ開発への投資の増加と相まって、市場成長を促す重要な要因の一つとなっています。また、WiGig機器は、従業員が有線接続の手間をかけずに多数の機器から作業を完了できるようにするために、さまざまな企業で利用されています。さらに、オフィス内の効率的なネットワーク構築、大容量ファイルの転送、帯域幅を必要とするアプリケーションのシームレスな実行、会議室や講堂の大型スクリーンへのグラフィックスやオーディオの超低遅延での投影にも利用されています。さらに、WiGig製品は、便利な公共キオスクサービスや、スマートフォン、ノートパソコン、プロジェクター、タブレットなどの機器間のワイヤレスドッキングに利用されています。加えて、高解像度(HD)映画の高速ダウンロード、複数の超HDビデオの同時ストリーミング、没入型ゲーム、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)体験などにも広く採用されています。これは、デジタルメディアに対する消費者の支出の増加と相まって、市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界のWiGig市場は、製品、プロトコル、技術タイプ、企業規模、最終使用産業に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・ネットワーク機器

・家電製品

プロトコル別の市場区分

・802.11ac

・802.11ad

技術タイプ別の市場区分

・システムオンチップ(SoC)

・集積回路チップ(IC)

企業規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

最終使用産業別の市場区分

・BFSI

・ヘルスケア

・IT・通信

・小売

・メディア・エンターテイメント

・その他

市場の競合状況

世界のWiGig市場における主要な企業としては、Blu Wireless、Broadcom Inc.、Cisco Systems Inc.、Intel Corporation、Marvell Technology Inc.、NXP Semiconductors N.V.、Panasonic Corporation、Peraso Technologies Inc.、Qualcomm Technologies Inc.、Samsung Electronics Co. Ltd.、Sivers Semiconductors AB、Tensorcom Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]