ハードセルツァー市場、2027年までに119億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のハードセルツァー市場は、2021年に55億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は13.6%のCAGRで成長し、2027年までに119億米ドル規模に達すると予測されています。

ハードセルツァーは、ビールに似た炭酸飲料または発泡飲料で、アルコール度数はほぼ5%です。醸造されたサトウキビ糖や麹に、炭酸水や香料を加えて作られます。現在では、レモン、スイカ、ライム、イチゴ、パッションフルーツ、ザクロ、タンジェリンなど、さまざまなフレーバーが販売されています。グルテンフリーでカロリー、炭水化物、糖分が低いため、通常のアルコール飲料に代わる健康的な飲み物として考えられています。そのため、健康志向の消費者やアレルギー、セリアック病、炎症性疾患、自己免疫疾患に苦しむ人々の間で人気を集めています。

市場の動向

ハードセルツァーの世界市場は、主にアルコール度数(ABV)の低い飲料への消費者嗜好のシフトによって牽引されています。フレーバー付きアルコール飲料やより健康的な代替品の人気の高まりにより、ハードセルツァーのようなすぐ飲める発泡性飲料の需要が世界中で高まっています。これに加えて、いくつかのメーカーは既存のポートフォリオを拡大するために革新的な製品バリエーションを導入しています。例えば、カリフォルニア州に拠点を置くSudwerk Brewing Co.は、2020年5月にブラックチェリー、グレープフルーツ、パッションフルーツのフレーバーで「Life Is Hard Seltzer」を発売しました。砂糖と酵母を使って発酵させ、天然のフルーツ濃縮液で味付けしています。大手アルコールメーカーも、人工保存料や香料、甘味料を使わない100%天然由来のハードセルツァーを開発しています。さらに、環境への関心が高まる中、メーカーは携帯可能でリサイクル可能な新しいパッケージデザインを発表しています。

主要な市場区分

世界のハードセルツァー市場は、ABV含有量、包装材料、流通チャネル、フレーバー、地域に基づいて分類されています。

ABV含有量別の市場区分

・1%~4.9%未満

・5%~6.9%未満

・7%以上

包装材料別の市場区分

・缶

・ガラス

・その他

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・オンラインストア

・その他

フレーバー別の市場区分

・チェリー

・グレープフルーツ

・マンゴー

・ライム

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のハードセルツァー市場における主要な企業としては、Anheuser-Busch InBev、Barefoot Cellars(E. & J. Gallo Winery)、Blue Marble Cocktails Inc.、Ficks & Co、Future Proof Brands LLC、Hard Seltzer Beverage Company LLC(The Boston Beer Company Inc.)、Lift Bridge Brewing Co、Oskar Blues Brewery、White Claw Hard Seltzerなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]